2018/08/05

Tiny Core Linuxで日本時間表示と時刻同期する方法


Tiny Core Linux の時間表示は英語形式なので、まずはそこを日本時間に変更しましょう。

まず、以下のファイルの APPEND行に、 noutc tz=JST-9 を追記して再起動します。

  • /etc/sysconfig/tcedir/boot/extlinux/extlinux.conf

入力はこんなイメージです。

pic01

なお、再起動は[Exit]から Reboot してください。そうしないと設定が残りませんので。これはお約束です。

これで時間が日本時間になります。

次は、NTPによる時刻同期を行います。

お約束の Apps より ntpclient.tcz をインストールします。

そして以下のコマンドで時刻同期を行います。

$ sudo ntpclient -s -c 1 -h ntp.nict.jp

これで date コマンドを実行を行うと現在時刻が日本時間で表示されます。

pic02

本当は、起動時に時刻同期をさせようと思っていたのですが、どうもNTPがうまく動作しないようなので見送りました。

ちなみに、Tiny Core Linux でログイン後に処理を行うには、/home/tc/.X.d/ 配下に実行形式のスクリプトを置きます(.shはいらないっぽい)。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。なんちゃってSE。

    フリーウェア、Webサービス開発のためにEntyで支援を受け付けています。ご支援のほどよろしくお願いいたします。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ
    >>ブログ詳細

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから


最近の記事