2018/04/10

Visual Studio Codeでプロジェクト参照を追加する


はじめに

Visual Studio Code は単体のプロジェクトの開発をするにはいいのですが、他のクラスライブラリなどのプロジェクト参照を追加しようとすると本家 Visual Studio のように GUI でちゃちゃっとはできません。

以前の記事で、ローカルで NuGet パッケージを作成してインストールする方法をご紹介しましたが、今回はコマンドラインでプロジェクト参照を追加する方法をご紹介します。

プロジェクト参照の追加

プロジェクト参照を追加するには、dotnet add reference コマンドを使用します。

先日公開した 「OPMLCore.NET」であれば、カレントプロジェクトの .csproj があるフォルダで以下のようにコマンドを実行します。

$ dotnet add reference ../OPMLCoredotNET/src/OPMLCore.NET/OPMLCore.NET.csproj
$ dotnet restore

そうすると、.csproj に以下のようなプロジェクト参照が追加されていることが分かります。

  <ItemGroup>
    <ProjectReference Include="..\OPMLCoredotNET\src\OPMLCore.NET\OPMLCore.NET.csproj" />
  </ItemGroup>

 

おわりに

Visual Studio Code でプロジェクト参照を追加する方法をご紹介しました。

簡単な内容なのですが、コマンドラインなので知らないとできないというところが困りものですね。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。なんちゃってSE。

    フリーウェア、Webサービス開発のためにEntyで支援を受け付けています。ご支援のほどよろしくお願いいたします。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ
    >>ブログ詳細

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから


最近の記事