2018/03/04

MacでASP.NET Core + EntityFramework Core + MySQL な開発を行う方法


はじめに

ASP.NET Core や EntityFramework Core が登場したおかげで、Mac でも ASP.NET な開発ができるようになりました。また、Visual Studio for Mac が登場したことで高い生産性で開発もできるようにもなりました。

この記事では、Visual Studio for Mac を使用して、ASP.NET Core + EntityFramework Core + MySQL の環境でどのように開発を行えばよいかをご紹介します。

なお、MySQL はすでにインストールされていることを前提としています。

開発環境のセットアップ

なにはともあれ、開発環境のセットアップを行う必要があります。Mac では .NET Core SDK と Visual Studio for Mac のインストールを行います。

.NET Core SDK

.NET Core SDK は下記サイトよりダウンロードしてインストールを行います。これにより、ターミナルから dotnet コマンドを実行することができるようになります。

Visual Studio for Mac

Visual Studio for Mac は下記サイトよりダウンロードしてインストールを行います。

ここで利用する Visual Studio for Mac は Community 版なので個人開発者は問題ありませんが、企業で開発する場合は制限があるのでご注意ください。また、Windows の Visual Studio と比べると、まだまだ見劣りするのでその辺も考慮して使用しましょう。

新規ソリューションの作成

Visual Studo for Mac を起動して、新規ソリューションを作成します。 

.NET Core > アプリ > ASP.NET Core Web App (MVC) を選択して[次へ] をクリックします。

続く画面で、プロジェクト名に「QuickStart」、ソリューション名も「QuickStart」を指定して[作成]をクリックすると、以下のような画面が表示されます。

Mac01

 

ここで [F5] キーを押すと、ビルドが実行され組み込みの Web サーバーが立ち上がり、以下の画面が表示されます。

Mac02

 

コンソールに以下のように出力されているように、Ctrl+C でデバッグを停止することができます。

Now listening on: http://localhost:5001
Application started. Press Ctrl+C to shut down.

 

NuGet パッケージのインストール

今回は、データベースに MySQL を使用しますので、MySQL用の NuGet パッケージをインストールする必要があります。今回追加するパッケージは、以下の3つになります。

  • MySql.Data.EntityFrameworkCore
  • Microsoft.EntityFrameworkCore.Tools

NuGet パッケージを追加するためには、プロジェクト名を右クリックして、追加 > NuGet パッケージの追加、を選択します。すると以下の画面が表示されるので、画面右上の検索ボックスで必要なパッケージ名を入力・検索し、パッケージを追加します。

 

Mac03

 

なお、Microsoft.EntityFrameworkCore.Tools についてだけは、NuGet の画面で追加しただけではうまくいかないようで、dotnet ef xxx のコマンドを実行すると以下のエラーが表示されてしまいます。

 

$ dotnet ef xxx
コマンド "dotnet-ef" に一致する実行可能ファイルが見つかりません

この問題を解決するためには、QuickStart.csproj を「テキストエディタ」で開いて、Project 配下に以下の記述を追加します。Visual Studio 内で編集しようとすると、いろいろ大変なことになります。

  <ItemGroup>
    <DotNetCliToolReference Include="Microsoft.EntityFrameworkCore.Tools.DotNet" Version="2.0.0" />
  </ItemGroup>

このあと dotnet restore を実行するとエラーが出なくなります。

 

MySQL へ接続するための設定

MySQL に接続しクラスを使用するために、以下の設定を行います。

・Models/Book.cs の作成

using System;
namespace QuickStart.Models
{
    public class Book
    {
        public int Id { get; set; }
        public string Title { get; set; }
        public int Price { get; set; }
    }
}

・Models/MyContext.cs の作成

using System;
using Microsoft.EntityFrameworkCore;
namespace QuickStart.Models
{
    public class MyContext : DbContext
    {
        public MyContext(DbContextOptions options) : base(options)
        {

        }
        public DbSet<Book> Book { get; set; }
    }
}

・appsettings.json の設定

  "ConnectionStrings": {
    "MyContext": "server=localhost;userid=root;password=password;database=QuickStart;"
  }

・Startup.cs の設定

以下の using を追加します。

using Microsoft.EntityFrameworkCore;
using QuickStart.Models;
using MySql.Data.EntityFrameworkCore;

ConfigureServices に設定を追加します。

        public void ConfigureServices(IServiceCollection services)
        {
            services.AddMvc();

            // コンテキストクラスを登録
            services.AddDbContext<MyContext>(options => options.UseMySQL(
                Configuration.GetConnectionString("MyContext")
            ));
        }

 これで設定が完了しました。

MySQL データベースの作成

上記で設定した内容を MySQL に反映してデータベースとテーブルを作成します。

まず、cd コマンドでプロジェクトのルートディレクトリに移動します。通常は、以下のようになっていると思います。

$ cd /Users/UserName/Projects/QuickStart/QuickStart

そして以下のコマンドを実行して MySQL に設定を反映させます。「QuickStart」は重複がなければどんな名前でもよさそうです。

$ dotnet ef migrations add QuickStart
$ dotnet ef database update

 

すると、以下のようにデータベースとテーブルが正しく追加されていることが分かります。 

Mac04 

 

Web 画面にデータベースの内容を表示する

まず、適当に Book テーブルにデータを追加します。

 Mac05

 

それから、ビューにデータを表示するための設定を行います。

・Controllers/HelloController.cs を作成

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Threading.Tasks;
using Microsoft.AspNetCore.Mvc;
using QuickStart.Models;


namespace QuickStart.Controllers
{
    public class HelloController : Controller
    {
        private readonly MyContext _context;

        public HelloController(MyContext context){
            this._context = context;
        }

        public IActionResult List() {
            return View(this._context.Book);
        }
    }
}

・Views/Hello/List.cshtml を作成

@model IEnumerable<QuickStart.Models.Book>

@{
    ViewData["Title"] = "List";
}

<h2>List</h2>

<table>
    <tr>
        <td>書名</td>
        <td>価格</td>
    </tr>
    @foreach(var item in Model) {
        <tr>
            <td>@item.Title</td>
            <td>@item.Price</td>
        </tr>
    }
</table>

では [F5] キーを押してビルド・デバッグ実行します。ページが表示されたら /Hello/List にアクセスして、以下のように表示されれば MySQL と正しくデータのやり取りができていることが確認できます。

Mac06

 おわりに

.NET Core の情報自体が少ないのに、Mac で開発となると情報が激減して問題の解消に非常に時間がかかってしまいました。参考書籍は数少ない .NET Core を扱っているのですが、Windows の Visual Studio を前提としているので、その差分を埋めるのにも苦労しました。

ですが、ASP.NET Core + EntityFramework Core + MySQL の組み合わせが正常動作することが確認できたことは大きいです。あとは、この環境を Linux に持っていてうまく動作するかですが、Mac で動作したのだから基本的には問題ないでしょう。 

参考書籍

参考サイト

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。なんちゃってSE。

    フリーウェア、Webサービス開発のためにEntyで支援を受け付けています。ご支援のほどよろしくお願いいたします。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ
    >>ブログ詳細

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから


最近の記事