2018/03/08

CentOS7に最新版のnginxをインストールする方法


nginx: Linux packages

CentOS 7 に最新版の nginx をインストールするには nginx 用のリポジトリを追加する必要があります。

上記リンクは公式サイトの解説ですが、そのままコピー・アンド・ペーストしても動作しないのでご注意ください。自分がインストールする Linux ディストリビューションとバージョンを書き換える必要があります。これに気が付かなくてハマってしまったのですが…。

 

さて、リポジトリを追加する方法は、以下のようにして vi エディタを使用して /etc/yum.repos.d/nginx.repo を追加します。

$ sudo vi /etc/yum.repos.d/nginx.repo

追加する内容は以下のようにします。

[nginx]
name=nginx repo
baseurl=http://nginx.org/packages/mainline/centos/7/$basearch/
gpgcheck=0
enabled=1

そして yum で nginx のパッケージをインストールします。

$ sudo yum install nginx

バージョンを確認します。

$ nginx -v
nginx version: nginx/1.13.9

うん。最新版で問題ありませんね。

では、nginx を起動して動作確認してみましょう。しかし、デフォルトでは firewalld が HTTP のポートを塞いでいるのでその前に開放する必要があります。ついでに、HTTPS のポートも開放します。 

$ sudo firewall-cmd --zone=public --add-port=80/tcp --permanent
$ sudo firewall-cmd --zone=public --add-port=443/tcp --permanent
$ sudo firewall-cmd --reload

では、改めて nginx を起動します。

$ sudo systemctl start nginx

ついでに、OS 起動時に nginx が起動するように設定します。念のため設定が反映されたかも確認してみます。

$ sudo systemctl enable nginx
$ sudo systemctl list-unit-files | grep nginx
nginx-debug.service                           disabled
nginx.service                                 enabled

問題ないようですね。

では、ブラウザでアクセスしてみましょう。

Nginx

問題ないですね。

ところで、nginx のドキュメントルートがどこにあるかですが、これが分かりにくくて、 /usr/share/nginx/html になります。設定は、/etc/nginx/conf.d/default.conf にあります。検索してもなかなか出てこないので参考にしてみてください。

これで nginx のインストールは完了です。

お疲れさまでした。

 

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。なんちゃってSE。

    フリーウェア、Webサービス開発のためにEntyで支援を受け付けています。ご支援のほどよろしくお願いいたします。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ
    >>ブログ詳細

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから


最近の記事