2018/02/25

TypeScript/Swift/JavaScript の let がまぎらわしい


Swift を勉強した後に TypeScript を勉強していて混乱してしまったので、TypeScript/Swift/JavaScript(ES6) の let についてのメモです。

・TypeScript の let

TypeScript の let は変数を宣言します。定数は const で宣言します。

let hoge = "こんにちは!”;
hoge = "こんばんは!"; //OK

const hogehoge = "こんにちは!";
hogehoge = "こんにちは!"; //NG 

・Swift の let

Swift の let は定数を宣言します。変数は var で宣言します。

let hoge = "こんにちは!”
hoge = "こんばんは!" //NG
var hogehoge = "こんにちは!”
hogehoge = "こんばんは!" //OK

・JavaScript(ES6)の let

JavaScript(ES6)の let は変数宣言。var も変数宣言。スコープが違う。他の言語をやっていれば、let の方がスコープがブロックレベルになっていて分かりやすいです。

let hoge = "こんにちは!";
hoge = "こんばんは!" //OK

var hogehoge = "こんにちは!";
hogehoge = "こんばんは!"; //OK

まぎらわしいですね。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。なんちゃってSE。

    フリーウェア、Webサービス開発のためにEntyで支援を受け付けています。ご支援のほどよろしくお願いいたします。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ
    >>ブログ詳細

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから


最近の記事