2016/09/23

Xamarin Studio の iOS アプリで SigningKey のエラー解消方法


Xamarin Studio で iOS10 のアプリをビルドしたら、以下のエラーが表示されました。

Error executing task Codesign: Required property 'SigningKey' not set

このエラーを解消するには、Xcode に Apple ID で署名をする必要があります。

署名する前に、Xcode が最新であることを確認してください。最新でない場合は、Xcode を最新にしてください。2016年9月23日時点では、Xcode 8 が最新です。

Xcode を起動して、Xcode >> Preference >> Accounts を表示します。

その後、[+] から Apple ID を追加します。 

Pic01

 

Apple ID でログインします。

Pic02

 

追加された Apple ID を選択し、[View Details…] をクリックします。

Pic03

 

[iOS Development] の [Create] をクリック後、[Done] をクリックして画面を閉じます。

Pic04

 

Xamairn Studio に戻ってビルドし直すと、問題なくビルドができシミュレーターが起動しました。

Pic05

 

■参考サイト


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール