2016/09/23

Visual Studio 2015 + Xamarin のセットアップにハマったのでその解決方法


はじめに

Visual Studio Community 2015 Update 3 + Xamarin for Visual Studio のセットアップにハマってしまい丸一日潰してしまったので、セットアップ手順をここに残しておきます。

Visual Studio Community 2015 Update 3 + Xamarin for Visual Studio のセットアップで一番重要なのは、セットアップの順番です。

セットアップの順番を間違えてしまうと、意味不明なエラーが表示されてしまうのでご注意ください。

セットアップ手順

セットアップは以下の手順で行います。

  • Mac
    • SSH によるリモートログイン設定
    • Xcode のインストール
    • Xamarin Studio のインストール
  • Windows
    • Visual Studio 2015 Community のインストール
    • iPhone プロジェクトで Mac が使えるか試す

 

では、具体的なセットアップ方法を見ていきます。

 

Mac:SSH によるリモートログイン設定

まず、Mac に SSH でリモートログインできるように設定を行います。

システム環境設定 >> 共有 を開き、「リモートログイン」にチェックを入れ、「アクセスを許可」に「すべてのユーザ」を設定します。SSH でログインする場合は、’ssh …@…' の部分を参考にしてください。

Pic01

 

なお、SSH サーバーを再起動するには、「リモートログイン」のチェックを オフ→オン することで可能です。

しかし、この設定を行うことで SSH リモートログインができると紹介しているサイトが多かったのですが、この設定だとチャレンジレスポンス認証になってしまい Visual Studio からリモートログインすることができません。

ですので、SSH の設定ファイルを変更する必要があります。

SSH の設定ファイルを変更するには、Mac のターミナルを起動して、以下のコマンドを実行して設定ファイルを開きます(vi はテキストエディタ)。

$ sudo vi /etc/ssh/sshd_config

ファイルを開いたら、パスワード認証を有効するために以下のように設定し、ファイルを保存して閉じます。

PasswordAuthentication yes

SSH サーバーを再起動します。

 

ここで Windows に戻って、TeraTerm で Mac に SSH ログインできるか試します。

以下のように、パスワード認証でログインできたので問題ありませんね。

Pic02

 

Mac:Xcode のインストール

Xamarin.iOS では、最新の XCode を含む最新の iOS SDK が必要です。iOS Developer Center (ログインが必要)、または Mac App Store から最新の Xcode をダウンロード可能です。

今回は、最新の Xcode 8 を App Store からダウンロードしてインストールしました。

 

Mac:Xamarin Studio のインストール

以下のアドレスから FREE の Xamarin Studio Community をダウンロードしてインストールします。なお、FREE版は機能制限はありませんが、使用制限(人数等)がありますのでご注意ください。

https://store.xamarin.com/

インストール時に、Android / iOS/ Mac アプリのオプションが表示されますが、Mac アプリは作成しないのでインストールから外しました。

 

Mac で Xcode と Xamarin Studio のインストールと SSH の設定が正しく行われていないと、Windows 側の Visual Studio で以下のような「Couldn't connect to MacBuildHost.local. Please try again.」や「Invalid credentials. Please try again.」というエラーが表示されてしまうので注意してください。

Ssh

参考:Connection Troubleshooting - Xamarin

 

Windows:Visual Studio 2015 Community のインストール

Visual Studio Community 2015 を以下よりダウンロードしてインストールします。

Xamarin を使用するためには、インストールオプションの画面で以下のチェックを入れます。共通ツールは必要ならインストールしてください(推奨)。

  • クロスプラットフォームモバイル開発
    • C#/.NET(Xamarin) ・・・必要なオプションにもチェックが付く
  • 共通ツール
    • Git for Windows
    • Visual Studio 向け GitHub 拡張
    • Visual Studio 拡張ツール Update 3

今回は、「ユニバーサル Windows アプリ開発ツール」は容量が大きいのでインストールを見送りました。

 

Windows:iPhone プロジェクトで Mac が使えるか試す

Visual Studio を起動して、ファイル>>新規作成>>プロジェクトから、iOS >> iPhone >> Single View App (iPhone) のテンプレートを選択してプロジェクトを作成します。

Pic03

 

iPhone 端末で実行するのは開発者ライセンスが必要なので、ここでは iPhone シミュレーターを利用します。シミュレーターを利用するには、ツールバーを以下のように設定します。

Pic04

 

これでビルドして実行すると、Mac 側の iPhone エミュレーターが起動して、以下のように表示されます。何も処理をしていないので空白ですが問題ないですね。

Pic05

 

おわりに

Xamarin は罠が多いということは聞いていましたが、まさか最初の最初でつまずくとは思っていませんでした。Xamarin かなり手強いですね。

ですが、C# で全て開発できるというのはやはり魅力なので、少しずつ勉強していきたいと思います。

 

関連記事

 

参考サイト


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから