2016/08/15

解決:Kernel panic - not syncing: VFS: Unable to mount root fs on unknown-block(0.0)


先日の記事では暫定的に終わった以下のカーネルパニックですが、根本的に解決ができました。

Kernel panic - not syncing: VFS: Unable to mount root fs on unknown-block(0.0)
Pid: 1, comm: swapper Not tainted 2.6.32-358.23.2.el6.x86_64 #1

http://ayufishing.blog.fc2.com/blog-entry-12.html

 

下記のコマンドを実行し、カーネルパニックが起きるカーネルを起動するために default=0 に変更して保存します。

# vi /etc/grub.conf

 

grub.conf でデフォルトで起動するカーネルは以下の赤字の部分になりました。

# grub.conf generated by anaconda

#

# Note that you do not have to rerun grub after making changes to this file

# NOTICE:  You have a /boot partition.  This means that

#          all kernel and initrd paths are relative to /boot/, eg.

#          root (hd0,0)

#          kernel /vmlinuz-version ro root=/dev/mapper/vg_www-lv_root

#          initrd /initrd-[generic-]version.img

#boot=/dev/vda

default=0

timeout=5

#splashimage=(hd0,0)/grub/splash.xpm.gz

serial --unit=0 --speed=115200 --word=8 --parity=no --stop=1

terminal --timeout=10 serial console

hiddenmenu

title CentOS (2.6.32-642.3.1.el6.x86_64)

root (hd0,0)

kernel /vmlinuz-2.6.32-642.3.1.el6.x86_64 ro root=/dev/mapper/vg_www-lv_root rd_NO_LUKS LANG=en_US.UTF-8 rd_LVM_LV=vg_www/lv_swap rd_NO_MD SYSFONT=latarcyrheb-sun16 crashkernel=auto  KEYBOARDTYPE=pc KEYTABLE=jp106 rd_LVM_LV=vg_www/lv_root rd_NO_DM rhgb quiet nomodeset clocksource=hpet console=tty0 console=ttyS0,115200n8r

initrd /initramfs-2.6.32-642.3.1.el6.x86_64.img

title CentOS (2.6.32-573.26.1.el6.x86_64)

root (hd0,0)

kernel /vmlinuz-2.6.32-573.26.1.el6.x86_64 ro root=/dev/mapper/vg_www-lv_root rd_NO_LUKS LANG=en_US.UTF-8 rd_LVM_LV=vg_www/lv_swap rd_NO_MD SYSFONT=latarcyrheb-sun16 crashkernel=auto  KEYBOARDTYPE=pc KEYTABLE=jp106 rd_LVM_LV=vg_www/lv_root rd_NO_DM rhgb quiet nomodeset clocksource=hpet console=tty0 console=ttyS0,115200n8r

initrd /initramfs-2.6.32-573.26.1.el6.x86_64.img

title CentOS (2.6.32-573.22.1.el6.x86_64)

root (hd0,0)

kernel /vmlinuz-2.6.32-573.22.1.el6.x86_64 ro root=/dev/mapper/vg_www-lv_root rd_NO_LUKS LANG=en_US.UTF-8 rd_LVM_LV=vg_www/lv_swap rd_NO_MD SYSFONT=latarcyrheb-sun16 crashkernel=auto  KEYBOARDTYPE=pc KEYTABLE=jp106 rd_LVM_LV=vg_www/lv_root rd_NO_DM rhgb quiet nomodeset clocksource=hpet console=tty0 console=ttyS0,115200n8r

initrd /initramfs-2.6.32-573.22.1.el6.x86_64.img

title CentOS 6 (2.6.32-573.18.1.el6.x86_64)

root (hd0,0)

kernel /vmlinuz-2.6.32-573.18.1.el6.x86_64 ro root=/dev/mapper/vg_www-lv_root rd_NO_LUKS LANG=en_US.UTF-8 rd_LVM_LV=vg_www/lv_swap rd_NO_MD SYSFONT=latarcyrheb-sun16 crashkernel=auto  KEYBOARDTYPE=pc KEYTABLE=jp106 rd_LVM_LV=vg_www/lv_root rd_NO_DM rhgb quiet nomodeset clocksource=hpet console=tty0 console=ttyS0,115200n8r

initrd /initramfs-2.6.32-573.18.1.el6.x86_64.img

yum update のカーネルのインストールが失敗していると思われるので、上記を参考に以下のコマンドを実行し最新のカーネルを再インストールし再起動します(結構時間がかかりました)。

# yum reinstall kernel-2.6.32-642.3.1.el6.x86_64
# reboot

これでカーネルパニックを起こさないで起動することができれば、対応完了です。

但し、このカーネルパニックのエラーは様々なケースで発生することがあるようなので、grub でコマンドを実行して解決する場合もあることは付記しておきます。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから