2016/05/17

Google Spaces という新しい SNS を早速試してみた


Google がなにやら新しい SNSである「Google Spaces」 (以下、Spaces)を始めたというニュースを聞いて、Google がとうとう Google+ を見限る日が来たかと思いました。

ですので、早速 Spaces を試してみることにしました。

Spaces には、Web 版と Android 版 と iOS 版 があります。Web 版だけでなく、Android 版も iOS 版も触ってみましたが、機能はほぼ同じなので Web 版に絞ってご紹介します。

Spaces は「スペース」という入れものにユーザーを招待して、その中でコミュニケーションを取ります。なので、招待したいユーザーしか参加できないので非常にクローズドなコミュニケーション空間を作ることができます。

Spaces のメイン画面は以下のようになります。

Spaces01

 

ここで、「Space を作成」して「招待用アドレス」を取得し、Google アカウントを持つ招待したいメンバーに「招待用アドレス」を送信することでユーザーは「スペース」に参加することができます。

もし、「招待用アドレス」が漏洩してしまった時は、「招待用アドレス」を削除することで参加できなくなります。もし、新たにユーザーを招待したい場合はまたアドレスを再作成できるので心配ありません。

また、意図しないユーザーがいた場合には管理者権限でブロック&削除できるので、こちらも問題ありません。

「スペース」に参加すると、以下のようなスレッドを参照することができるようになり、スレッドを立てることもできるし、リンク、画像、文字、ステッカー(スタンプみたいなの)でメッセージを投稿することもできます。なお、画像は Google フォトと同様に写真も検索でき、画像のアップデートもできます。

それで実際に会話をしてみたのが以下の画面です。ほぼ、LINE ですね。

Spaces02

 

現在のところ、あやしいのしかないのが残念ですが、LINE でいうところの「スタンプ」にあたる「ステッカー」は以下のようになります。

Spaces03

 

ここまで来ると、既読機能のない劣化 LINE にしか過ぎないのですが、なぜ今 Google は Spaces をリリースしたのでしょうか?

LINE 風 のインターフェースを Google+ は持っていなかったので、そういうインターフェースが欲しかっただけなのでしょうか。インターフェースにこだわらなければ、今でも限定公開のコミュニティ機能でクローズドなコミュニケーション空間は作成できます。

それに、LINE 風のチャットツールは今更感があり、Google アカウントの数が膨大だとはいえ、Spaces を使うかというと答えは No ではないでしょうか。LINE、  Skype、 カカオトーク、Facebook のメッセンジャーのユーザーが Spaces をわざわざ使わないでしょう。 

可能性があるとすれば、Google+ のユーザーが流れて活性化することでしょうが、Google+は登録ユーザー数は多くても、アクティブユーザー数が少ないので有名ですからね。

ただ一方で、ユーザーの流出をこれ以上増えないようにするという観点から考えると妥当なサービスとも言えます。Facebook には、ここで完全に負けてますからね。

最後に、Google+ と Spaces の位置づけですが、Google+ と Spaces は対立して存在するものではなく、Spaces は Google+ の拡張機能とみなすことができるのではないでしょうか。Google+ と Spaces の通知が共有されていることからもそれを見て取れます。

Google が Google+ を見捨てた訳ではなさそうで一安心です。

課題は多くありますが、Spaces と Google+ がとともに発展することを期待しています。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから