2015/12/08

[Mac] ファイラーの FolkLift はスリープから復帰後も SMB マウントがアンマウントされない


Finder で、XtraFinder が、El Capitan (OS X 10.11)から導入された SIP(System Integrity Protection)  というセキュリティの仕組みで動作しなくなったことで、代替手段として、有料のファイラーである FolkLift (2400円)を使い始めたのですが、うれしい誤算がありました。

 

 

 

まず、FolkLift は Finder と同様に SMB のマウントができます。

しかし、Finder の SMB マウントはスリープから復帰するとアンマウントされてしまうのに、FolkLift で SMB をマウントしたものはスリープから復帰後もアンマウントされないのです!

これは地味ですが、非常に便利な機能というか性能だと思います。

ファイラーとしてだけでなく、FTP や SFTP クライアントとしても使い勝手がとてもよいので、Finder の代替ファイラーは FolkLift を推しておきたいですね。値段が少々張るのですが、それだけの価値はあると思います。

いやぁ、Mac の Finder とかもろもろアプリの使い勝手が悪いなと思うことがあるのですが、アプリを探すことで解消する部分が結構あるんですね。英語版しかなかったり、有料アプリだったりするのがたまにキズですけどね(笑)


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから