2015/12/16

Firefox 43 で無効になったアドオンを動作させる方法


Firefox 43 からアドオンのセキュリティが厳しくなり、アドオン署名というものがないとアドオンとして動作しなくなりました。これにより、アドオン署名のないアドオンはインストールできますが、自動で無効化されるようになってしまいました。

Firefox は現在、ブロックリスト システムを持っていますが、増え続ける悪意のあるアドオンを追跡しブロックすることが困難になってきています。新しいアドオン署名プロセスは、開発者が Mozilla 開発者ガイドライン に従い、アドオンが安全であることを要求します。アドオンがこの署名プロセスで検証されていない場合、Firefox がユーザに警告します。今のところ、未検証のアドオンは自己責任でインストールできますが、Firefox 43 では、そのようなアドオンは無効化されます

https://support.mozilla.org/ja/kb/add-on-signing-in-firefox

 

具体的には、以下のようにアドオンが無効化されます。

Pic01

 

ですが、これを動作させる方法があります。

なお、この方法はセキュリティレベルを下げることになり、サポート対象外になる作業なので、よく分からない場合は行わないでください。上級者向けの設定であり、自己責任で行ってください。

まず、アドレスバーに以下のコマンドを入力し、about:config ページを表示します。

about:config

 

すると以下の画面が表示されますので、覚悟が決まったら慎重に設定作業に入ります。

Pic02

 

about:config 画面で、アドレスバーに以下の値を入力し設定値を false にします。

xpinstall.signatures.required

 

その後、Firefox を再起動します。

すると、アドオンは警告が表示されますが使用できるようになります。

Pic03

 

なお、この状態はセキュリティ的に危ないので、信頼できるサイト以外からアドオンのインストールを行わないことが重要になります。ご注意ください。

 

但し、これは Firefox 43 限定の設定方法のようで、Firefox 44 からは抜け道がなくなるようです。なんてこったい。

Firefox 43で未署名の拡張機能無効化+有効化する設定あり、Firefox 44で未署名の拡張機能無効化+有効化する設定なしとなる。その結果、Firefox 42までは未署名の拡張機能を使える状況が続くことになる(配布元を確認して慎重に使用することを求める警告は表示される)。Firefox 43のリリース予定日は2015年12月15日なので、今から3か月程度はこれまでどおり、というわけだ。

 http://rockridge.hatenablog.com/entry/2015/09/11/230811

 

2016年1月28日追記:

Firefox 44 でもこの設定は行えるようになりました。おそらく批判がすごかったのでしょう。

 

■参考


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから