2015/12/01

copyrightclaims. org のリファラスパムを Google Analytics から除外する方法


最近、Google Analytics のリファラに、「claim********. copyrightclaims.org」(*は数字8桁)といったような、いかにも著作権がらみのサイトからのアクセスが残っていることがありますが、これはスパムサイトのようです。なので、アクセスしないようにしてください。不用意にアクセスすると、マルウェアに感染する可能性があります。

また、下記のサイトも同様にリファラスパムなので、ご注意ください。

  • black-friday.ga
  • cyber-monday.ga
  • hosting-tracker.com

怪しいリファラが残っていた場合は、直接アクセスしないでください。気になる場合は、以下のサイトで情報を収集することができるのでこれで調査しましょう。

ただ、Google Analytics のリファラにリファラスパムが表示されているのは気持ちのいいものではありませんので、これを Google Analytics のリファラから除外する方法をご紹介します。

 

まず、Google Analytics の管理画面で「アナリティクス設定」をクリックして、対象としたいサイトを選択します。その後、「ビュー」の項目の「フィルタ」をクリックします。

Pic01

 

 

左側ペインで「フィルタ」を選択した状況で「フィルタを追加」をクリックします。

Pic02

 

そして、以下のように設定します。

  • 「フィルタ名」に「copyrightclaims.org」を入力
  • 「フィルタの種類」で「カスタム」を選ぶ
  • 「フィルタ フィールド」で「参照」を入力
  • 「フィルタパターン」に「copyrightclaims.org」を入力

Pic03

 

「保存」をクリックして設定完了です。設定が反映されるのは、設定後のアクセスなので、既にレポートに表示されているスパムは除外できませんのでご注意ください。

リファラスパムが来たら、この設定を繰り返し行うようことで対処できます。

 

■参考サイト


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから