2015/11/13

Windows 10 の大型アップデートは非常に時間がかかるので要注意


Windows 10初の大型アップデート公開 - ITmedia PC USER

上記記事の通り、Windows 10 の大型アップデートが Windows Update を通じて、本日(2015年11月13日)より配信が開始されました。

提供される機能は以下のようになります。

一般ユーザー向けの主な変更点としては、起動時間など日常的な作業でのパフォーマンス向上(同一デバイス上でWindows 7より約30%高速という)、音声対応パーソナルアシスタント「Cortana(コルタナ)」の日本語対応、手書き入力サポート、ユーザーの予定追跡改善、標準ブラウザ「Microsoft Edge」におけるタブのマウスオーバーによるプレビュー機能、同期機能、パフォーマンスとセキュリティの改善などが挙げられる。

特に、パフォーマンスと「Cortana(コルタナ)」の対応が大きいですね。ここには記載されていませんが、Windows 7/8/8.1 のプロダクトキーでもアクティベートできるようになっていると思います(クリーンインストール時に必要)。

 

アップデートの紹介はこの位にして、アップデートには非常に時間がかかるので注意してください。

アップデートは Windows Update から行うのですが、設定画面でのアップデートに時間がかかりますし、以下の画面が表示されてからもかなり時間がかかります。

DSC_0261

だいたい、1時間~1時間半位は時間がかかると思ってもらった方がよいです。スペックの高いノートパソコンでこれ位だったので、環境によってはもっと時間がかかるかもしれません。

ですので、アップデートは夜間に行うようにするか、十分に時間に余裕を持って行うことをお勧めします。通常の Windows Update と思うとびっくりすると思いますので。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから