2015/11/26

[Mac] Finder の拡張機能の XtraFinder が El Capitan から普通には使えなくなった


Mac の Finder の拡張機能として大変便利だった、XtraFinder が El Capitan (OS X 10.11)からセキュリティ上の理由により普通には利用できなくなりました。最近、なんか不便だなと思ったらこういうことでした。

原因は、El Capitan から導入された、SIP(System Integrity Protection) というセキュリティの仕組みで、SIP は重要なプロセスを保護して他のプロセスの割り込みを許さないようになっています。

XtraFinder は Finder に割り込んで動作していたようで、SIP によってブロックされるようになりました。それで、El Capitan からは普通には XtraFinder を利用することができない訳です。

「普通には」を強調していますが、これは SIP を無効にすれば XtraFinder を動作させることが可能ということです。

しかし、最近は Mac への攻撃も増えているといいますし、便利な機能でもセキュリティレベルを落とすのはお勧めできません。

セキュリティレベルを落としても、XtraFinder を使いたい場合は以下の方法を試してください。SIP を無効にする方法です。SIP を無効にして、XtraFinder をインストール後、SIP を有効にすると XtraFinder はブロックされるのでその点は注意してください。

https://www.trankynam.com/xtrafinder/sip.html

 

本当は、Mac 本体の方で、右クリックメニューからの新規ファイル作成などの基本機能の対応をしてくれればよいのですが、Mac って変なところで不便だったりするのが不思議ですね。

もし、代替アプリをご存知の方がいましたら、教えてくださると助かります。

 追記:

代替アプリが見つかりました。

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから