2015/08/01

Windows 10 でも Visual Studio 2010/2012/2013/2015 はサポートされる


Windows 10 に移行するにあたって、気になるのが開発ツールが Windows 10 に対応しているかどうかです。

特に、Visual Studio は規模の大きなソフトウェアであるため、Windows 10 でサポートされているか確認することは大事ですね。

まずは、各製品のサポートライフサイクルを見て行きましょう。

Visual Studio 2010 だけ延長サポートフェーズに入っていますね。

サポートライフサイクル
サポートライフサイクル
サポートライフサイクル
サポートライフサイクル
サポートライフサイクル
https://support.microsoft.com/ja-jp/lifecycle?c1=501
        

Visual Studio 2010 ですが、問題なくサポートされるようです。

Visual Studio 2010

Microsoft Visual Studio 2010 Professional バージョン 10 に関する Windows 10 の互換性

 

次は、Visual Studio 2012 ですが問題なさそうですね。

Visual Studio 2012

Microsoft Visual Studio 2012 Professional バージョン 11 に関する Windows 10 の互換性

 

 

Visual Studio 2013 ですが、こちらも問題なさそうです。

Visual Studio 2013

Microsoft Visual Studio 2013 Professional バージョン 12 に関する Windows 10 の互換性

 

でたばかりの、Visual Studio 2015 は調べるまでもないですが、念のため。

ただ、上記サイトでは確認できなく Visual Studio 2015 のサイトでの確認になります。

Windows 8 (8.1ではない) のストアアプリ以外は問題なくサポートされるようですね。

Visual Studio 2015

Visual Studio 2015

Visual Studio 2015

Visual Studio 2015

Visual Studio 2015 Compatibility

 

若干、Windows と Internet Explorer のサポートと状況が異なるのが気になりますが、延長サポートフェーズの製品でも互換性の検証が行われており、それが公開されているのは Microsoft ならではですね。

 

■関連記事

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから