2015/07/06

Windows 10 は標準で PDF 印刷機能が搭載されている


Windows 10 には、標準で PDF 印刷機能の「Microsoft Print to PDF」が搭載されています。

今までは、Adobe Acrobat や Bullzip といった有償もしくは無償のソフトウェアを導入することで、PDF を作成していたと思いますが、ようやく Windows 標準の機能となりました。

パスワード設定などのセキュリティ機能などのないシンプルな PDF 印刷機能ですが、これで十分なケースも多いでしょう。

ブラウザの Edge で印刷した際の動作を見てみましょう。

Edge のメニューから「印刷」をクリックします。

Edge

 

プリンターに「Microsoft Print to PDF」を指定し「印刷」をクリックします。すると、ドキュメントフォルダに自動的に PDF ファイルが作成されます。なお、他のブラウザでは保存するパスとファイル名を指定することができました。

PDF プリント

 

出力した PDF を Edge で表示したのが以下の画像です。問題なく表示されていますね。

PDF ファイル

 

今まで大人の事情で PDF 印刷機能が Windows に搭載されてこなかったと思いますが、シンプルながら Windows 標準機能として搭載されることでユーザーの利便性はかなり向上するのではないでしょうか。

 

■関連記事


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから