2015/07/08

Windows 10 のデフォルトブラウザの Edge は Java をサポートしない


Windows 10 のデフォルトブラウザである Edge が、Silverlight をサポートしないことがアナウンスされ物議を醸しだしていますね

では Java はサポートされるかどうか調べてみたところ、Edge は Java もサポートしないことが分かりました。

modern.IE に以下の記述があります。

Does Microsoft Edge support ActiveX controls or BHOs like Silverlight or Java ?

No, ActiveX controls and BHOs such as Silverlight or Java are not supported in Microsoft Edge.

Frequently Asked Questions : MSEdge Dev

明確に Edge では Java をサポートしないと言っていますね。

この情報だけでは何なので、Windows 10 Insider Preview build 10162 に Java をインストールし、Edge で以下の Oracle のサイトにアクセスしましたが Java は全く動作しませんでした。

上記の内容を受け、Windows 10 のデフォルトブラウザである Edge は Java をサポートしないといえます。

Google Chrome も Java は動作しない方向になっていますし、今後は Java でコンテンツを作成するのは厳しくなっていくでしょうね。

■関連記事


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

Edgeで、「Javaのバージョンの確認」ページにアクセスしたら、次のメッセージが表示されました。確認してみると良いでしょう。

Windows 10では、Edgeブラウザでプラグインがサポートされないため、Javaは実行されません。
Javaプラグインを実行するには、別のブラウザ(FirefoxまたはInternet Explorer 11)に切り替えます。

情報ありがとうございます!
動作確認しました。

Win10にタダでアップグレードできるうちにしたけど、Edge使いにくいわ!!
Tabに、いくつもブラウザを入れないかんの?
IEの繰り返しかよ?

Edgeの設定に、Javaスクリプトの有効無効ッポイ項目が有るけど、他のブラウザ取込みの為にやっぱり裏ではJavaを使えるの?


Win10初心者なんで、参考になりました。

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから