2015/07/23

Windows 10 のタスクバーにある検索ボックスを非表示にする方法


Windows 10 のタスクバーにある検索ボックスは、アプリケーションやネットの検索ができ非常に便利です。

しかし、タスクバーにアプリケーションのアイコンをたくさん置いてランチャーとして使う場合は、検索ボックスが大きすぎて邪魔になると思います。

検索ボックス

この検索ボックスを非表示にする方法をご紹介します。

 

検索アイコンを表示する方法

タスクバーのなにもないところで右クリックして、メニューの「検索」>>「検索アイコンを表示」をクリックします。

検索ボタン

 

すると、以下のように検索アイコンが表示され、検索ボックスが非表示になります。大分すっきりしましたね。

検索アイコン

 

検索するときは、検索アイコンをクリックすると検索ボックスが表示されるので、そこで検索します。

検索アイコン

 

検索ボックスを非表示にする方法

今度は、検索ボックスも検索アイコンも非表示にします。

タスクバーのなにもないところで右クリックして、メニューの「検索」>>「表示しない」をクリックします。

検索ボックス

 

すると、以下のように検索ボックスが非表示になります。

検索ボックス

 

それでは、検索はどこで行うかというと、スタートメニューを表示して直接キーボードから入力すると検索ボックスが表示されます。

検索ボックス

 

■関連記事

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから