2015/07/11

Windows 10 では Adobe Flash Player のアンインストールを推奨します


セキュリティ上の理由により、Windows 10 では Adobe Flash Player のアンインストール、もしくは最初からインストールしないことを推奨します。

というのも、Windows 10 のブラウザである Edge と Internet Explorer 11 は Adobe Flash Player の機能を内蔵しており、Google Chrome も随分前から内蔵しています。

そのため、Edge と Internet Explorer 11 は Windows Update、Google Chrome は自動更新で Adobe Flash Player が常に最新の状態に保たれます。

 

例外は、Firefox です。Firefox は Adobe Flash Player を内蔵していないため、プラグインとして Adobe Flash Player をインストールする必要があります。

しかし、折角他のブラウザが Adobe Flash Player を最新にする仕組みを持っているのに、Firefox だけその手段を持ちません。

正確には、Adobe Flash Player 自体にも自動更新機能があるのですが、アップデートのタイミングが遅く危険な状態が長く続いてしまいます。ユーザーによって設定が無効にできるのも問題です。

Windows 7 では Internet Explorer も Adobe Flash Player を内蔵していなかったためできませんでしたが、Windows 10 では Edge、Internet Explorer 11、Google Chrome が Adobe Flash Player を内蔵しているので、Adobe Flash Player をアンインストールすることが可能です。

問題は Firefox ですが、Flash コンテンツが減少していることと、どうしても Flash コンテンツを見たければ「IE View」や「Open in Chrome」といったアドオンがあるので、他のブラウザでその部分を代替することが可能です。

これらの理由により、Windows 10 では Adobe Flash Player をアンインストールすることを推奨します。

折角、Windows 10 でセキュリティレベルが向上したのですから、安全にインターネットを楽しめるようにしたいですね。

■関連記事


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

意識が高い人にとっては配布にタイムラグがあるWin8以降のEdgeやInternet Explorer 11の自動更新より最速で自力適用できる Firefoxの方がゼロデイ期間少なく出来て安全性は逆転すると思います。

と、今現在IE用Flashだけ不具合起こされて
Win7以前にはもう来てる修正がWin8以降にはまだ来ていない状況を嘆いてみました

>>通りすがりさん

確かに緊急で報告された脆弱性に対しては、Flash を自力で更新出来た方がよいですね。この記事の想定はWindows Update 位しか脆弱性対策をしていない人だったので、このような対応になっています。

しかし、現在は、Win8以降に配布されていないのですか。

いろんな意味で、Flash にはご退場頂きたいものです。

それ以前にwindows 10のアンインストーリを推奨します。

うん、一番いらないのはwin10だな
meに次ぐレベル

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから