2015/07/11

Windows 10 でのプログラムやアプリのアンインストール方法


Windows 10 からは、通常のプログラムやストアアプリのアンインストールは、コントロールパネルからではなく、設定画面から行うように変更になりました。

Windows 10 では、通常のプログラムとストアアプリを同じ画面からアンインストールすることができるようにするためだと推察されます。これはよい改良点ですね。

実際、コントロールパネルからもプログラムのアンインストールができるのですが、アンインストールできるのは通常のプログラムだけで、ストアアプリはアンインストールできませんでした。

なお、Windows 10 でのコントロールパネルの表示方法は以下の記事を参照してください。

通常のプログラムやストアアプリをアンインストールするには、スタートメニュー >> 設定 から設定画面を表示します。

スタートメニュー

 

設定画面で、「システム」をクリックします。

設定画面

 

「アプリと機能」を選択し、アンインストールしたいアプリを選択すると「アンインストール」ボタンが表示されるので、それをクリックしてアンインストールします。

アンインストール

 

これで、通常のプログラムやストアアプリのアンインストールは完了です。

 

なお、エクスプローラーで「PC」を選択した時にリボンメニューに「コンピューター」タブが表示され、その中に「プログラムのアンインストールや変更」がありますが、これはコントロールパネルからのプログラムのアンインストールと同じ画面が表示されるだけです。

エクスプローラー

■関連記事


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから