2015/07/18

Windows 10 へのアップグレードシステム要件


Windows 10 へのアップデートシステム要件は以下のようになります。

アップグレード対象OS ・Windows 7 Service Pack 1 (SP1)
・Windows 8.1 Update
プロセッサ 1GHz 以上または SoC
メモリ 1GB(32ビット)、2GB(64ビット)
ハードディスクの空き領域 16GB(32ビット)、20GB(64ビット)
グラフィックスカード DirectX 9 以上(WDDM 1.0ドライバー)
ディスプレイ(画面解像度) 1024 x 600

※SoC(System-on-a-chip)は、「Windows 10 IoT Core」エディションのプロセッサー要件

 

各 Windows エディションごとのアップグレード後は、以下のようになります。

アップグレード前アップグレード後
Windows 7 Starter Windows 10 Home
Windows 7 Home Basic
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional Windows 10 Pro
Windows 7 Ultimate
Windows 8.1 Windows 10 Home
Windows 8.1 Pro Windows 10 Pro
Windows 8.1 Pro Student
Windows 8.1 Pro WMC
Windows Phone 8.1 Windows 10 Mobile

 

Windows 10 への無料アップグレードは、リリース後(2015年7月29日)1年間ということになっています。

また、Windows 7 Enterprise, Windows 8/8.1 Enterprise, Windows RT/RT8.1 は無償アップグレードの対象外になります。また、ボリュームライセンスを利用しており、ソフトウェアアシュアランス(SA)が有効な場合は、SA の特典として Windows 10 へのアップグレードできます。

 

なお、Windows 10 にアップグレードすると、以下の機能が削除されるのでご注意ください。

  • Windows Media Center
  • DVD 視聴するには別売りの DVD 再生ソフトが必要
  • Windows 7 デスクトップガジェット
  • Windows 7 にあらかじめインストールされているゲーム類 → 代替ソフトあり
  • USB フロッピードライブがある場合は、最新版のドライバーをダウンロードする必要あり
  • Windows Live Essentials がインストールされている場合、OneDrive アプリケーションが削除され、Windows 10 に搭載の OneDrive に置き換えられる

 

■関連記事

■参考サイト


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

今更ですが、ボリュームライセンスのWindows 7 professionalは無償アップグレードの対象外だと、マイクロソフトのサポートが主張しています。
よろしければ、ご確認のほどを。

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから