2015/07/07

Silverlight 終了のお知らせについて思うこと


Microsoft が Windows 10 のデフォルトブラウザ「Edge」で Silverlight をサポートしないことを表明しました。

Microsoftは、HTML5の動画再生に対応する代わりに「Silverlight」を切り捨てざるを得なくなった。まもなくリリース予定の「Windows 10」用ウェブブラウザ「Edge」で、Silverlightはサポートされない。

マイクロソフト、新ブラウザ「Edge」で「Silverlight」をサポートせず - CNET Japan

Windows 10 には、Internet Explorer 11 がインストールされているので、必要ならそちらで Silverlight コンテンツを視聴できるとのことです。

しかし、Internet Explorer 11 は Windows 10 では非常に見つけにくいのですよね。一応、Edge には「Internet Explorer で開く」機能がありますが。

まさに「Silverlight 終了のお知らせ」です。

Silverlight はもともと、マルチプラットフォーム(Windows, Mac, Linux) で動画を含めたコンテンツを提供できるプラットフォームとして提供が開始され、非常に期待されていました。後に、クロスプラットフォーム(Windows, Mac) とトーンダウンしましたが(Linux は Moonlight というオープンソースプロダクトに移行)。

しかも、記憶が間違ってなければ、Flash がまだ DRM 対応してなかった時に、Silverlight は DRM 対応したので、コンテンツ提供者にとってはありがたい存在でした。Gyao なんかが取り入れてましたね。

開発者視点で見ても Silverlight は非常に魅力的でした。クロスプラットフォームのリッチなインタフェースのアプリケーションを Visual Studio という生産性の高い開発ツールで開発できること、C# や VB.NET という使い慣れた言語で開発できるからです。

実際には、開発ツールもイマイチだし、XAML という新しいレイアウト言語のために開発者間でもあまり普及しませんでした。開発現場から離れて長いので見当違いかもしれませんが、WPF を含め、XAML 技術者の数はいまだ十分ではないのではないでしょうか。

そうこうしている内に、HTML5が台頭してきて、Silverlight の存在意義が失われていきました。Flash も同様の状況であったはずですが、コンテンツ制作者の人数が Silverlight と Flash は段違いでした。そのため、Internet Explorer 11 で Flash Player は Internet Explorer 11 内蔵アドインとなったのに、Silverlight は内蔵アドインになることができませんでした。

なんといってもユーザー数が少ないことと、クロスプラットフォームの負担の大きさ、昨今のセキュリティ事情の負担に Microsoft が音を上げて、Silverlight 終了になったのはやむを得ないのでしょう。

しかし、開発者視点で見ると、あれだけ期待させておいてなんだよ、というものはあります。コンテンツ提供者からしてみても、今更はしごを外されてしまっては、別の環境に移行するのは大きな負担でしょう。

Windows 10 では、Internet Explorer 11 があるから即時に致命的な影響はないでしょうが、アナウンスする時期も遅すぎますね。Windows 10 のリリースまで一ヶ月を切った時点でのアナウンスは遅すぎます。コンテンツ提供者も対応のしようがありません。

この点において、Microsoft は批判されてもしかたないでしょう。

一方で、Microsoft は互換性に力を入れているベンダーでもあります。Windows のバージョンアップの際の後方互換性の力の入れ方は、他のベンダーには真似ができません。ついには、Windows 10 で VB6 ランタイムのサポートをするという話もあります。

Silverlight については「とっても」残念ですが、今後はこういうことのないようにして欲しいです。

まあ、Microsoft は失敗と成功を繰り返す企業でもあるのですけどね。

■関連記事


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから