2015/07/06

PDF 印刷ツールの「Bullzip」は完全なフリーウェアでないのでライセンス違反にご注意を


Bullzip と言えば、フリーウェアの PDF 印刷ツールとしてよく知られており利用者も多いと思うのですが、使用条件を確認したところ、完全なフリーウェアではなく使用するには制約がありました。

無料で使用できるのは Community Edition と呼ばれるもので、サイトに以下の記述があります。

The free community edition version is still available. It plays an important role in the BullZip philosophy where everybody should be able to afford the software. You can use it if you are in a small company with less than 10 installations or you want to use the software for personal projects.

要は、個人で利用する場合か、企業で使用するならインストール数が10ライセンス以下の場合のみ Community Edition を無料で利用することができるということです。

企業で10ライセンスより多くインストールするなら、Standard Edition 以上の有料ライセンスを購入する必要があります。

結構、いいお値段になっています。詳しくは、こちらの料金表をご確認ください。

これを知らずに Bullzip を企業で全社導入していると、ライセンス違反になってしまうのでご注意ください。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから