2015/07/11

Microsoft Edge のアドレスバーの検索エンジンを Google に変更する方法


Microsoft Edge のアドレスバーの検索エンジンはデフォルトで Bing になっていますが、Google ユーザーにとっては使い勝手が悪いですね。

Edge のアドレスバーの検索エンジンを Bing から Google に変更する方法が分かりましたのでご紹介します。

 

◆build 10240 /リリース版から、標準で Google を検索エンジンに追加することができるようになりました。

まず、www.google.co.jp にアクセスします。

そして、'...’ アイコン をクリックしメニューを表示後、 「設定」 をクリックします。

Google

 

「詳細設定を表示」をクリックします。

Google

 

「 アドレスバーでの検索時に使う検索プロバイダー 」で「 <新規追加> 」をクリックします。

Google

 

「www.google.co.jp/Google 検索」を選択し、「既定に追加」をクリックすることで、アドレスバーの検索エンジンが Google に変わります。

Google

 

---

◆build 10166 以前

さて、Edge のアドレスバーの検索エンジンは、「検索プロバイダー」と呼ばれるもので設定します。

しかし、現在 (build 10166)の段階では、検索プロバイダーを Bing から Google に変更することができません。

ちょっとそれもどうなのさ?と思わないのではないですが。

しかし、Edge は OpenSearch というオープンな仕様に従って検索プロバイダーを追加するようにできています。Google がそれに対応していないのです。これでは仕方ないですね。

それじゃあ、ということで試しに OpenSearch の仕様に従ってページを作ってみたら、Google を検索プロバイダーとして追加することができるようになりました。

そのページというが、以下のものです。dropbox のファイル共有機能を使用して公開しているので、ドメインが dropbox のものになっていますが、問題ありませんので心配しないでください。

設定方法は、リンク先のページに記載してあるので、そちらをご確認ください。

概要としては、設定 >> 詳細設定 から 検索プロバイダーを新規で既定として追加するだけです。

お役に立てば幸いです。

■関連記事

■参考サイト


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから