2015/07/24

Microsoft Edge で Adobe Flash Player を無効にする方法


Adobe Flash Player といえば 、現在、深刻な脆弱性が頻発して問題になっています。

Microsoft は Windows 8 で Adobe Flash Player を Internet Explorer の内蔵機能とし、Windows 10 では Edge の内蔵機能とし、Windows Update で一律でアップデートすることを可能にしました。

これらの対策により、安全な運用ができるようにしています。

ですが、ゼロデイといったセキュリティパッチが提供される前の脆弱性が発見された場合は自衛する必要があります。

具体的には、セキュリティパッチが提供されるまで Adobe Flash Player を無効化します。

では、Microsoft Edge では、どのようにして Adobe Flash Player を無効にするのかご紹介します。

 

Microsoft Edge を起動し、メニューを開いて「設定」をクリックします。

Flash

 

「詳細設定を表示」をクリックします。

Flash

 

「Adobe Flash Player を使う」を「オフ」にします。

Flash

 

簡単な設定なので、これなら負担が少なく運用ができますね。

 

■関連記事


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから