2015/07/08

Microsoft アカウントの作成方法


Windows 10 を利用するには、基本的に Microsoft アカウントというものが必要になります。

ローカルアカウントを利用するという方法もあるのですが、それでもアプリストアを利用する際には Microsoft アカウントが必要になります。

面倒かもしれませんが、最初に行う儀式のようなものと思いサクッと済ませてしまいましょう。

なお、Microsoft アカウントを持っていない方は、Windows 10 へのアップグレード前に Microsoftアカウントを作成することをお勧めします。

そうでないと、セットアップ時に Microsoft アカウント作成することになり面倒ですので。

では、この記事では、Microsoft アカウントの作成方法をご紹介します。

 

まず、Outlook.com へアクセスすると、Outlook のログイン画面にリダイレクトされるので、画面右下にある「新規登録」をクリックします。

アカウント追加

 

 

アカウントの作成画面で必要情報を入力して「アカウントの作成」をクリックします。

ユーザー名には、Gmail などの既存のメールアドレスを利用することができます。もし、メールアドレスを持っていない場合は、「新しいメールアドレスの作成」をクリックすることで、outlook.com や outlook.jp などのメールアドレスを作成することができます。

アカウント追加

アカウント追加

アカウント追加

 

無事登録が完了すると、Outlook.com の画面が表示されるので、これでアカウントの追加は完了です。

アカウント追加

 

登録作業は簡単ですね。

できれば、2段階認証などの追加のセキュリティ設定を行うと、より安全に Microsoft アカウントを使用することができます。

2段階認証の設定は強くおすすめします。

なお、2段階認証の設定方法は、以下の記事を参照してください。

 

■関連記事


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから