« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015/07/31

Windows 10 の記事へのアクセスがすごいことになっている

7月29日に Windows 10 がリリースされましたが、それからこのブログの Windows 10 の記事へのアクセスがすごいことになっています。

まあ、このタイミングに合わせて Windows 10 の記事を揃えてきたわけですが、それにしても反応の大きさに驚いています。

Windows 10 の人気と同時に、みなさん苦労もしているんだなぁ、と感じる内容です。

 

続きを読む "Windows 10 の記事へのアクセスがすごいことになっている" »

2015/07/30

Windows 10 でファイルの拡張子と隠しファイルを表示する方法

Windows 10 のデフォルト設定では、ファイルの拡張子と隠しファイルは非表示になっています。

もし、表示設定になっていたら、それは Microsoft アカウントの Windows 同期機能でそのような設定になっています。

さて、Windows 10 でファイルの拡張子と隠しファイルを表示する方法は非常に簡単で、エクスプローラーを立ち上げて、表示タブの該当項目にチェックを入れるだけです。

エクスプローラー

 

従来と同様の設定方法もありますが(コントロールパネル>>エクスプローラーのオプション)、手間がかかるだけですので、上記の設定方法がよいですね。

 

■関連記事

2015/07/29

VAIO Pro 13 を Windows 8.1 から Windows 10 にアップグレードしました

早速ですが、SONY の VAIO Pro 13(2013年モデル:SVP132A1CN)を、Windows 8.1 Pro から Windows 10 Pro にアップグレードしてみました(Core i7/8GB/256GB SSD/タッチパネル)。

この VAIO は SONY からアップデートは待って欲しいという連絡があったことと、タッチパネル対応の VAIO でドライバーがらみで問題が起きるかと思っていましたが、杞憂に終わりました。

続きを読む "VAIO Pro 13 を Windows 8.1 から Windows 10 にアップグレードしました" »

Windows 10 へのアップグレードで 80240020 エラーが発生したときの対処方法

Windows 8.1 から Windows 10 にアップグレードしようとしたら、Windows Update で 80240020 エラーが発生して、アップグレードに失敗していました。

以下の方法で、この問題は解決できました。

  1. "C:\Windows\SoftwareDistribution\Download" にアクセスし、フォルダ内のファイル(フォルダ)をすべて削除(要管理者権限)
  2. コマンドプロンプトを管理者権限で起動して、"wuauclt.exe /updatenow" を実行
  3. コントロールパネルの Windows Update にアクセスすると、Windows 10 の再ダウンロードが始まる

しかし、今度は 80246010 のエラーが発生して、Windows Update に失敗しました。

上記の手順をもう一度繰り返し、2、3の手順を何度か繰り返したらダウンロードが再開されました。

しかし、また 80240020 のエラーが発生したので、上記手順をもう一度実行すると、以下の画面が表示されアップグレードが可能になりました。

かなり手こずりましたね。。。

pic02

 

■関連記事

■参考サイト

Microsoft Edge のお気に入り機能の使い方

はじめに

Microsoft Edge は、Windows 10 から導入されたブラウザですが、シンプルにしすぎて若干分かりにくい部分があります。

特に「お気に入り」の機能は説明がポップアップでも出ないので、最初は戸惑うかもしれません。

ですので、この記事では Microsoft Edge の「お気に入り」機能をご紹介します。

続きを読む "Microsoft Edge のお気に入り機能の使い方" »

2015/07/28

Android 5.0 では、URLを開く時にブラウザの種類を聞いてくる

Android 5.0 (Lollipop)では、URL を表示しようとするとブラウザの種類を聞いてくるようになりました。

Lollipop からはデフォルトブラウザが Google Chrome だと思っていたのですが、選択できるようですね。

まあ、最初の一回だけの設定なので負担はないのですけどね。

とりあえず、そういう仕様だということで。


Android 5.0 では、URLを開く時にブラウザの種類を聞いてくる

ドコモ Xperia Z2 を Android 5.0 に早速アップデートしてみた

ドコモの Xperia Z2 に Android 5.0 のアップデートが開始されたとのニュースを聞きつけて、早速アップデートしてみました。

Android 5.0 (Lollipop) の変更点は以下の記事が詳しいです。

続きを読む "ドコモ Xperia Z2 を Android 5.0 に早速アップデートしてみた" »

Windows 10 の標準メールアプリの署名を変更する方法

Windows 10 の標準メールアプリでは、新規メールを作成するとデフォルトで「Windows 10 版のメールから送信」というイケてない署名がついてしまいます。

署名

このメールの署名の設定を変更する方法をご紹介します。

 

続きを読む "Windows 10 の標準メールアプリの署名を変更する方法" »

2015/07/27

Windows 10 でファイルのフルパスを簡単にコピーする方法

仕事をする際には、共有ファイルのフルパスをメールなどで相手に渡すことが多いです。しかし、今まではツールを使うか手作業でフォルダのパスとファイル名をつなぎ合わせるという手間がかかっていました。

Windows 10 では、この面倒なファイルのフルパスのコピーを、エクスプローラーの標準機能でサポートするようになりました。

これは、かなり便利ですが気づきにくい機能なのでご紹介します。

続きを読む "Windows 10 でファイルのフルパスを簡単にコピーする方法" »

2015/07/26

Microsoft Edge で開いているサイトを Internet Explorer で表示する方法

Microsoft Edgeは、Windows 10 からデフォルトブラウザとなり、Internet Explorer を置き換える存在となりました。そのため、Microsoft Edge はこれからどんどん普及していくことが見込まれます。

しかし、Web サイトの方はそんなに早く Microsoft Edge に対応できる訳ではありません。また、Microsoft Edgeは、Silverligt や Java、ActiveX というプラグインをサポートしなくなったので、この技術を使用しているサイトは Microsoft Edge では表示できないことになります。

解決方法は、Microsoft Edge に標準で付いている「Internet Explorer で開く」機能を使用することです。

続きを読む "Microsoft Edge で開いているサイトを Internet Explorer で表示する方法" »

2015/07/25

Yahoo! Japan が 2015年の秋から順次 Windows XP SP2以前のサポートを終了へ

Yahoo! Japan の主要なサービスは HTTPS 通信(SSL暗号化通信)を行っていますが、SSL 証明書を SHA-1 証明書から SHA-2 証明書に移行するにあたり、Windows XP Service Pack 2 以前のサポートを2015年秋より順次終了するとのことです。

背景は以下の通り。

Yahoo! JAPANではお客様に安全にサービスをご利用いただくため、お客様の情報をお取り扱いするサービスではHTTPS(SSL暗号化通信)を利用して通信内 容を暗号化しています。現在、Yahoo! JAPANではHTTPS通信を行う際のSSLサーバー証明書としてSHA-1証明書を利用していますが、SHA-1ハッシュアルゴリズムの危殆(きた い)化を背景にSHA-1証明書の利用禁止とSHA-2証明書への移行に関する勧告が各種セキュリティー団体やブラウザー開発企業から告知されています。

Yahoo! JAPANではこの勧告に従って、2015年10月から2015年12月にかけてHTTPS通信を行う際のSSLサーバー証明書をSHA-1証明書から SHA-2証明書に切り替える予定です。ほとんどのお客様には影響がございませんが、Windows XP SP2以前の基本ソフト(OS)ではSHA-2証明書を利用したHTTPS通信をサポートしていないため、その場合はHTTPS通信を行うサービスをご利 用いただけなくなります。

Windows XPをご利用のお客様へ - ヤフー株式会社

 

続きを読む "Yahoo! Japan が 2015年の秋から順次 Windows XP SP2以前のサポートを終了へ" »

Microsoft Edge で表示しているサイトを Twitter や Facebook などにシェアする方法

Internet Explorer では気に入ったサイトがあったとしても、 Twitter や Facebook などにシェアするためには、サイトにあるシェアボタンを使用するか、手作業でタイトルとアドレスを Twitter の投稿に入力する必要がありました。

しかし、Microsoft Edge では表示しているサイトをシェアする機能が始めから搭載されており、Twitter や Facebook などのストアアプリがインストールされていれば、ストアアプリ経由でサイトをシェアすることができます。はてなブックマークなんかもストアアプリがありますね。

これは非常に便利な機能だと思います。他のブラウザは拡張機能で行っていることを、ブラウザ標準機能でできるのですから、これは大きなプラス点でしょう。

実際に見てみましょう。

 

続きを読む "Microsoft Edge で表示しているサイトを Twitter や Facebook などにシェアする方法" »

2015/07/24

Microsoft Edge で Adobe Flash Player を無効にする方法

Adobe Flash Player といえば 、現在、深刻な脆弱性が頻発して問題になっています。

Microsoft は Windows 8 で Adobe Flash Player を Internet Explorer の内蔵機能とし、Windows 10 では Edge の内蔵機能とし、Windows Update で一律でアップデートすることを可能にしました。

これらの対策により、安全な運用ができるようにしています。

ですが、ゼロデイといったセキュリティパッチが提供される前の脆弱性が発見された場合は自衛する必要があります。

具体的には、セキュリティパッチが提供されるまで Adobe Flash Player を無効化します。

では、Microsoft Edge では、どのようにして Adobe Flash Player を無効にするのかご紹介します。

 

続きを読む "Microsoft Edge で Adobe Flash Player を無効にする方法" »

2015/07/23

Windows 10 のタスクバーにある検索ボックスを非表示にする方法

Windows 10 のタスクバーにある検索ボックスは、アプリケーションやネットの検索ができ非常に便利です。

しかし、タスクバーにアプリケーションのアイコンをたくさん置いてランチャーとして使う場合は、検索ボックスが大きすぎて邪魔になると思います。

検索ボックス

この検索ボックスを非表示にする方法をご紹介します。

 

続きを読む "Windows 10 のタスクバーにある検索ボックスを非表示にする方法" »

2015/07/22

Windows 10 で PIN (暗証番号) で簡単に安全にサインインする方法

Windows 10 では、パソコンへのサインインは「PIN (暗証番号)」で行うことが推奨になります。

以下の画面では「パスワードは時代遅れ」とまで言っています。正式版も同じメッセージが表示されると推察されます。

Windows10

 

続きを読む "Windows 10 で PIN (暗証番号) で簡単に安全にサインインする方法" »

2015/07/21

「Windows 10 操作・設定テクニックまとめ」を公開します

Windows 10 のリリース日である 2015年7月29日も近づいてきましたし、記事数も大分充実してきましたので、以下の記事を公開します。

この記事は、そのタイトルの通り、Windows 10 の操作・設定のテクニック、Tips をまとめたものになります。リリースまで少々時間があるので、随時記事の追加も予定しています。

できるだけ、初心者の方でも役に立つように記事を書いてみました。

お役に立てば幸いです。

Windows 10 のサポート期間は 2025年10月まで

Windows 10 のサポートは、機能追加やバックフィックスなどが行われるメインストリームサポートが 2020年10月まで、セキュリティパッチの提供のみ行われる延長サポートが 2025年10月 までになることが分かりました。

サポート
Windows lifecycle fact sheet - Windows Help

続きを読む "Windows 10 のサポート期間は 2025年10月まで" »

Windows 10 でユーザーのアカウントを追加する方法

Windows 10 でユーザーのアカウントを追加する場合は、基本的にユーザーが Microsoft アカウントを持っている必要があります。

Microsoft アカウントを持っていない場合は、家族として追加できない、ストアアプリインストール時に Microsoft アカウントが必要になるなどの問題があります。ですので、事前に Microsoft アカウントの取得をお勧めします。

なお、Microsoft アカウントの作成方法は以下の記事を参照してください。

 

続きを読む "Windows 10 でユーザーのアカウントを追加する方法" »

2015/07/20

Microsoft Edge の起動時の画面を Google にする方法

Microsoft Edge を起動すると、Bing の検索ボックスと MSN のコンテンツが表示されますが、Google ユーザーにとってはちょっとどうかなと思います。

従来の Internet Explorer にあった「ホーム」機能もあるのですが、これは起動時の画面設定ではなく、デフォルト非表示の「ホームボタン」をクリックした時に設定ページを開くものに変わっています。正直、意味があるのかと思わないでもありません。

さて、本題に戻りますが、Microsoft Edge の起動時の画面を Google にする方法はあるので、それをご紹介します。

 

続きを読む "Microsoft Edge の起動時の画面を Google にする方法" »

2015/07/19

公開ライブラリの Office 2016・Windows 10 での動作確認完了しました

タイトルの通りですが、公開ライブラリの Office 2016・Windows 10 での動作確認完了しました。

Windows 10 と Office 2016 がほぼリリース状態になったので、動作検証を行い問題がないことを確認しました。

確認が済んだライブラリは、以下の通りです。

 

今後とも、よろしくお願いします。

2015/07/18

Windows 10 のエディション別サポート機能一覧

Compare Windows 10 Editions

まだ、英語バージョンしか公開されていませんが、Windows 10 のエディション別サポート機能一覧が公開されています。

Windows 10 のエディションを比較する際にご利用ください。

リリース時には日本語版もリリースされるのではないかと思います。

(2015/08/01追記)
日本語版リリースされました。

 

機能一覧

■関連記事

Windows 10 へのアップグレードシステム要件

Windows 10 へのアップデートシステム要件は以下のようになります。

アップグレード対象OS ・Windows 7 Service Pack 1 (SP1)
・Windows 8.1 Update
プロセッサ 1GHz 以上または SoC
メモリ 1GB(32ビット)、2GB(64ビット)
ハードディスクの空き領域 16GB(32ビット)、20GB(64ビット)
グラフィックスカード DirectX 9 以上(WDDM 1.0ドライバー)
ディスプレイ(画面解像度) 1024 x 600

※SoC(System-on-a-chip)は、「Windows 10 IoT Core」エディションのプロセッサー要件

 

続きを読む "Windows 10 へのアップグレードシステム要件" »

Windows 10 の内部バージョンは 10.0

タイトルの通りですが、Windows 10 の内部バージョンは 10.0 になります。

Windows 9 を飛ばしたかと思ったら、内部バージョンも思いっきり飛ばしてしまったようで。

バージョン

 

続きを読む "Windows 10 の内部バージョンは 10.0" »

2015/07/17

WordPress 初心者がレスポンシブな独自テーマのサイトを作れるようになった書籍

少し前ですが、WordPress が全くの初心者の状態で、独自テーマで、レスポンシブデザインのサイトを作れるようになった書籍のご紹介をしたいと思います。

その当時の私のスキルセットは以下のような感じです。

  • WordPress ? なにそれおいしいの?
  • レスポンシブデザイン?なんかかっこいい響きだけど何それ?
  • ウェブデザインって何すればいいの?
  • HTML は分かるけど  HTML5 とか CSS3 ってなんのこと?
  • PHP はネットで検索すればなんとか

こんなスキルセットで、独自テーマのレスポンシブデザインのサイトを WordPress で作ろうというのだから無茶な話ですね。

 

続きを読む "WordPress 初心者がレスポンシブな独自テーマのサイトを作れるようになった書籍" »

Windows 10 でなくなったチャームの機能はどこに行ったのか?

Windows 8 ではチャームという非常に評判の悪い機能がありました。

Windows 8 で、画面の右上か右下の隅にマウスカーソルを持って行くと表示されるメニューがチャームでした。シャットダウンなどの基本機能も隠されたチャームに組み込まれてしまったため、Windows 8 ユーザーはかなり混乱したのではないでしょうか。

Windows 10 では、そのチャームはなくなりましたが、それに該当する機能はどこへ行ってしまったのでしょう?

Mevy という Twitter のストアアプリで見てみましょう。

 

続きを読む "Windows 10 でなくなったチャームの機能はどこに行ったのか?" »

2015/07/16

Microsoft Edge は ActiveX / Silverlight / VBScript をサポートしない

Microsoft は、Microsoft Edge を後方互換性を捨てて進化するブラウザとしてが位置づけていて、Windows 10 ではデフォルトブラウザになります。

その Microsoft Edge は、ActiveX / Silverlight / VBScript をサポートしないと宣言しています。

こうした古い技術を使用したい場合は、Windows 10 には Internet Explorer 11 が同梱されているので、そちらを使用することになります。

一方で、Adobe Flash Player のサポートは継続されます。

Microsoft Edge は、今後普及する見込みのブラウザなので、対応の検討は早めに行った方がよさそうです。

この Microsoft の対応に対していろいろ思うところはありますが、別記事にまとめたので興味のある方は参照してみてください。

 

■関連記事

Windows 10 の標準メールアプリにドコモメールアカウントを追加する方法

Windows 10 の標準メールアプリは、標準機能なのにシンプルでありながら十分な機能を持っています。特に、複数アカウントをまとめて使用するには持ってこいです。

Microsoft は、長年メールクライアントやサービスを作成・運用してきたので、その成果が出たということろでしょうか。

その標準メールアプリにドコモメールアカウントを追加する方法をご紹介します。

 

事前に以下を参考にして、docomo ID でドコモメールを利用できるよう設定を済ませておいてください。

なお、docomo ID は、必ず携帯メールアドレスで設定してください。そうしないとメールの設定を行うことができません。

https://mail.smt.docomo.ne.jp/help/help_general_first.html

 

また、セキュリティパスワードの設定を以下を参考に取得してください。

セキュリティパスワードを使用すると、より安全にメールを使用することができます。

https://www.nttdocomo.co.jp/service/docomo_cloud/docomo_mail/other/security/index.html

 

 

続きを読む "Windows 10 の標準メールアプリにドコモメールアカウントを追加する方法" »

Windows 10 の標準メールアプリに Yahoo! メールアカウントを追加する方法

Windows 10 の標準メールアプリは、標準機能なのに貧弱ではなく、シンプルで使いやすくできています。複数アカウントをまとめるにはもってこいです。

Microsoft は、今までメールサービスやメールクライアントを作ってきましたが、賛否両論はありつつも、そのノウハウをつぎ込んで作成されたのだろうなと思います。

その標準メールアプリに、Yahoo! メールのアカウントを追加する方法をご紹介します。

 

続きを読む "Windows 10 の標準メールアプリに Yahoo! メールアカウントを追加する方法" »

2015/07/15

Windows 10 の標準メールアプリに Gmail アカウントを追加する方法

Windows 10 の標準メールアプリは使い勝手がよく、特に複数アカウントをまとめて管理するにはもってこいです。

Windows の標準機能だと貧弱だと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

Outlook.com などのサービスで培ってきたノウハウを活かしたのでしょうね。

その標準メールアプリに Gmail のアカウントを追加する方法をご紹介します。

 

続きを読む "Windows 10 の標準メールアプリに Gmail アカウントを追加する方法" »

ココログの認証方式をワンタイムパスワードに設定しました

ココログは、不正ログイン防止のために3つのサービスを提供しています。 

 それは、下図にある「ワンタイムパスワード」「ログインアラート」「ログイン履歴」です。

ココログ

http://support.nifty.com/anshin/?web_cocolog

 

続きを読む "ココログの認証方式をワンタイムパスワードに設定しました" »

2015/07/14

PC が Windows 10 と互換性があるかチェックする方法

Windows 10 は Windows 7 sp1/8.1 と互換性があるとは言っても、やはり自分の PC で互換性があるかは気になるところです。

 

PC と Windows 10 との互換性をチェックするには、まず通知領域の「Windows 10 を入手する」アイコンをクリックします。

 

pic01

 

 

続きを読む "PC が Windows 10 と互換性があるかチェックする方法" »

Windows 10 アップグレード予約のキャンセル方法

Windows 10 のアップグレード予約をしたけれども、ドライバやソフトウェアの互換性の問題で予約をキャンセルする必要が出るかもしれません。

 

その場合は、通知領域にある「Windows 10 を入手する」アイコンをクリックします。

 

pic01

 

 

続きを読む "Windows 10 アップグレード予約のキャンセル方法" »

Windows 10 のアップグレード予約方法

2015年6月1日当たりから、Windows Update で「KB3035583」というアップデートがインストールされると通知領域に「Windows 10 を入手する」というアイコンが表示されるようになっていると思います。

 

pic01

 

このアイコンをクリックすることで、Windows 10 のアップグレード予約に進むことができます。

   

続きを読む "Windows 10 のアップグレード予約方法" »

Windows 10 の標準メールとカレンダーのアプリがとてもよくできている

Windows 10 に標準搭載されているメールアプリとカレンダーアプリを試していたのですが、これが結構よくできています。

特に、アカウント連携部分がよくできていて、複数のアカウントをまとめたポータルアプルというような扱いで、メールアプリとカレンダーアプリを利用することができます。

イメージ的には下図のような感じになります。

標準メール・カレンダー

続きを読む "Windows 10 の標準メールとカレンダーのアプリがとてもよくできている" »

Dropbox のファイル公開機能はホームページに使えるけど検索結果に表示されない

Dropbox にはファイル公開機能があり、ホームページとして公開することが可能です。

実際にホームページとして公開したのは、以下のページです(html と xml が連携している)。

しかし、検索エンジンには登録されず、検索結果に表示されませんでした。

どういうことなのか、具体的に見ていきましょう。

続きを読む "Dropbox のファイル公開機能はホームページに使えるけど検索結果に表示されない" »

2015/07/13

Windows 10 での Internet Explorer 11 の起動方法

Windows 10 では、デフォルトブラウザが Edge となり、Internet Explorer 11 は後方互換ブラウザとなりました。

そのために、Windows 10 の画面でパッと見える場所から Internet Explorer のアイコンが消えてしまいました。

Internet Explorer 11 を使用したいユーザーにとっては、これは使いにくいでしょう。

まぁ、企業ユーザーでもない限り、Internet Explorer 11 を積極的に使用する理由はあまりないのですけどね。

この記事では、Windows 10 で Internet Explorer 11 を起動する方法をご紹介します。

 

続きを読む "Windows 10 での Internet Explorer 11 の起動方法" »

Windows 10 でのシャットダウンと再起動の方法

Windows 7 までは、パソコンのシャットダウンや再起動といった電源機能は分かりやすかったのですが、Windows 8 でチャームの中に電源機能が隠れてしまい非常に使いづらくなっていました。

Windows 8.1 では、スタート画面の右上に申し訳程度に電源機能が付きました。パッと見気が付きにくいのですが、Windows 8 の時と比べると随分使いやすくなったと思います。

Windows 10 では、Windows 8/8.1 の教訓を活かし、Windows 7 のように簡単にシャットダウンや再起動を行うことができるようになりました。

続きを読む "Windows 10 でのシャットダウンと再起動の方法" »

VirtualBox 上の Windows 8.1 に「Windows 10 を入手する」アイコンを表示する方法

※この方法は CNET が公開しているものの、非公式な方法なので自己責任でお願いします。

VirtualBox 上の Windows 8.1 (Windows 7)では、「Windows 10 を入手する」アイコンが表示されないという問題があります。

これは、VirtualBox のドライバが Windows 10 に対応していないためです

非互換は出てしまいますが、VirtualBox に Windows 10 Insider Preview は問題なくインストールできるので、アップグレードしても問題はないのではないかと思います。

非公式ではありますが、VirtualBox 上の Windows 8.1 (Windows 7) で「Windows 10 を入手する」アイコンを表示する方法が分かりましたのでその方法をご紹介します。

 

続きを読む "VirtualBox 上の Windows 8.1 に「Windows 10 を入手する」アイコンを表示する方法" »

2015/07/12

Windows 10 操作・設定テクニック まとめ

はじめに

このページでは、2015年7月29日にリリースされた Windows 10 の項目別の操作・設定テクニックをまとめています。できるだけ使いやすい内容にまとめています。

内容は随時更新していきます。

続きを読む "Windows 10 操作・設定テクニック まとめ" »

How to Change the default Search Engine from Bing to Google in Microsoft Edge

Microsoft Edge’s default Search Engine in address bar is Bing.But it is inconvenience for Google users.

Address bar's Search Engine uses Search Engine Provider.

---

Addition:

From build 10240, you can add Google to Microsoft Edge in default function.

1. Access www.google.com,  and click on ‘…’ menu icon, select Settings > View Advanced Settings

2. Scroll down a bit, under ‘Search in the address bar with’, click on down arrow, and from the list, select ‘<Add new>’

3. Under Choose one, select 'Google Search' and click on ‘Add as default’.

---

On below the page, you can change Search Engine Provider from Bing to Google in Microsoft Edge.Procedure of setting is written on the page.

The page’s domain is dropbox’s domain. Because the page uses dropbox’s file sharing feature.

To use OpenSeach which is supported by Microsoft Edge, it needs to use HTTPS protocol. OpenSearch is an Open Standard which is to add Search Engine to browsers. This is why I use dropbox's file sharing feature which supports HTTPS protocol.

I’m happy if this information is useful for you.

 

Reference:

2015/07/11

Microsoft Edge のアドレスバーの検索エンジンを Google に変更する方法

Microsoft Edge のアドレスバーの検索エンジンはデフォルトで Bing になっていますが、Google ユーザーにとっては使い勝手が悪いですね。

Edge のアドレスバーの検索エンジンを Bing から Google に変更する方法が分かりましたのでご紹介します。

 

続きを読む "Microsoft Edge のアドレスバーの検索エンジンを Google に変更する方法" »

Windows 10 では Adobe Flash Player のアンインストールを推奨します

セキュリティ上の理由により、Windows 10 では Adobe Flash Player のアンインストール、もしくは最初からインストールしないことを推奨します。

というのも、Windows 10 のブラウザである Edge と Internet Explorer 11 は Adobe Flash Player の機能を内蔵しており、Google Chrome も随分前から内蔵しています。

そのため、Edge と Internet Explorer 11 は Windows Update、Google Chrome は自動更新で Adobe Flash Player が常に最新の状態に保たれます。

 

続きを読む "Windows 10 では Adobe Flash Player のアンインストールを推奨します" »

Windows 10 でのプログラムやアプリのアンインストール方法

Windows 10 からは、通常のプログラムやストアアプリのアンインストールは、コントロールパネルからではなく、設定画面から行うように変更になりました。

Windows 10 では、通常のプログラムとストアアプリを同じ画面からアンインストールすることができるようにするためだと推察されます。これはよい改良点ですね。

実際、コントロールパネルからもプログラムのアンインストールができるのですが、アンインストールできるのは通常のプログラムだけで、ストアアプリはアンインストールできませんでした。

なお、Windows 10 でのコントロールパネルの表示方法は以下の記事を参照してください。

続きを読む "Windows 10 でのプログラムやアプリのアンインストール方法" »

2015/07/10

Windows 10 でファイルの拡張子が表示されるかは Microsoft アカウント次第

*以下のツイートでご指摘を受け、検証し直したところ Microsoft アカウントの同期設定でファイルの拡張子の表示設定がされていたようです。内容を受け記事を訂正しました。情報提供ありがとうございました。

 

タイトルの通りですが、Windows 10 ではデフォルトでファイルの拡張子が表示されるようになりました(build 10162 時点)。

Microsoftアカウントを使用している他のパソコンでファイルの拡張子を表示している場合は、Windows 10 でも Microsoft アカウントの同期でファイルの拡張子の表示がされるようになったようです。

ファイルの拡張子

今まで Windows は、初心者の誤操作に配慮して、デフォルトでファイルの拡張子を表示していなかったと思われます。

しかし、通常はファイルの拡張子は表示してパソコンを使うので、パソコンが変わる度にファイルの拡張子の表示設定することが何気に面倒だったんですよね。

ですので、細かいですがこれはうれしい変更です。

 

続きを読む "Windows 10 でファイルの拡張子が表示されるかは Microsoft アカウント次第" »

Microsoft は Windows 10 と Edge で安全なインターネットを手に入れた

Windows を安全に使用するにためには、Windows Update を確実に実行して脆弱性を解消することが必要です。

実際にはそれでは不十分で、使用している全てのソフトウェアを最新の状態にしておく必要があります。

しかし、脆弱性をなくし、全てのソフトウェアを最新の状態に保つのは難しいことなのです。

一般ユーザーは、どのソフトウェアが危険であり、どんな脆弱性があるのか知らず、各ソフトウェアのアップデート方法を知らないのですから。

標的型攻撃などによる被害は、起こるべくして起きていると言って差し支えないでしょう。

 

続きを読む "Microsoft は Windows 10 と Edge で安全なインターネットを手に入れた" »

2015/07/09

Microsoft アカウントで2段階認証を設定する方法

昨今の Web サービスでは、ID とパスワードだけの認証は限界を迎えていると言われています。

そのため、アカウントの乗っ取りを防ぐためには、認証をより強固にする必要があります。

その1つの方法が2段階認証になります。

2段階認証では、ID とパスワード以外に、本人が持っている携帯電話などのデバイスに対して、ログイン時にセキュリティコードを送信します。このセキュリティコードを入力することで本人確認を行い、より安全な認証を行います。

私も Twitter のパスワードを突破されたことが何度かあります。かなり強固なパスワードにしていたのにも関わらずです。

幸い、Twitter の2段階認証を有効にしていたのでアカウントを乗っ取られることはなかったですが、設定していなければ今頃アカウントは使えなくなっていたでしょう。

アカウントの乗っ取りは他人事ではないのです。

この記事では、Microsoft アカウントで2段階認証する方法をご紹介します。

 

続きを読む "Microsoft アカウントで2段階認証を設定する方法" »

Windows 10 のデフォルト PDF ビューアは Edge になり Adobe Reader が不要に

今まで Windows で標準の PDF ビューアといえば Adobe Reader でしたが、毎月深刻な脆弱性が発生しており辟易している方も多いのではないでしょうか。

深刻な脆弱性のセキュリティパッチが公開されたら、全社員がセキュリティパッチを適用しないと標的型攻撃などの攻撃対象になってしまいますが、現実的に全社員が Windows Update 以外のセキュリティパッチを適用できるとはとても思えません。

PDF ビューアに Adobe Reader を使用している時点で、セキュリティ上の脆弱性があったともいえるかもしれません。

続きを読む "Windows 10 のデフォルト PDF ビューアは Edge になり Adobe Reader が不要に" »

2015/07/08

Microsoft アカウントの作成方法

Windows 10 を利用するには、基本的に Microsoft アカウントというものが必要になります。

ローカルアカウントを利用するという方法もあるのですが、それでもアプリストアを利用する際には Microsoft アカウントが必要になります。

面倒かもしれませんが、最初に行う儀式のようなものと思いサクッと済ませてしまいましょう。

なお、Microsoft アカウントを持っていない方は、Windows 10 へのアップグレード前に Microsoftアカウントを作成することをお勧めします。

そうでないと、セットアップ時に Microsoft アカウント作成することになり面倒ですので。

では、この記事では、Microsoft アカウントの作成方法をご紹介します。

続きを読む "Microsoft アカウントの作成方法" »

Windows 10 のデフォルトブラウザの Edge は Java をサポートしない

Windows 10 のデフォルトブラウザである Edge が、Silverlight をサポートしないことがアナウンスされ物議を醸しだしていますね

では Java はサポートされるかどうか調べてみたところ、Edge は Java もサポートしないことが分かりました。

modern.IE に以下の記述があります。

Does Microsoft Edge support ActiveX controls or BHOs like Silverlight or Java ?

No, ActiveX controls and BHOs such as Silverlight or Java are not supported in Microsoft Edge.

Frequently Asked Questions : MSEdge Dev

明確に Edge では Java をサポートしないと言っていますね。

続きを読む "Windows 10 のデフォルトブラウザの Edge は Java をサポートしない" »

2015/07/07

Mac の Twitter 公式クライアントでユーザーストリームを有効にする方法

Mac の Twitter 公式クライアントは使いやすいと思いつつ、ユーザーストリームには対応していないと思っていたのですが、実は対応していました。なんでデフォルト設定ではないのでしょう?

ユーザーストリームを有効にする設定は簡単で、メニューの Twitter >> 環境設定 を開き、基本設定タブの「新しいツイートがあった時」の「自動的にトップにスクロール」にチェックを入れるだけです。

Twitter

 

なお、ユーザーストリームが動作するのは、一番上のツイートが表示されてる状態の時のみです(Home ボタンをおした時と同じ)。なので、自分が読んでいるツイートの邪魔をされずにタイムラインを追うことができます。

これで夜フクロウからの完全乗り換えも可能かもしれませんね。

 

■関連記事

Silverlight 終了のお知らせについて思うこと

Microsoft が Windows 10 のデフォルトブラウザ「Edge」で Silverlight をサポートしないことを表明しました。

Microsoftは、HTML5の動画再生に対応する代わりに「Silverlight」を切り捨てざるを得なくなった。まもなくリリース予定の「Windows 10」用ウェブブラウザ「Edge」で、Silverlightはサポートされない。

マイクロソフト、新ブラウザ「Edge」で「Silverlight」をサポートせず - CNET Japan

Windows 10 には、Internet Explorer 11 がインストールされているので、必要ならそちらで Silverlight コンテンツを視聴できるとのことです。

しかし、Internet Explorer 11 は Windows 10 では非常に見つけにくいのですよね。一応、Edge には「Internet Explorer で開く」機能がありますが。

まさに「Silverlight 終了のお知らせ」です。

続きを読む "Silverlight 終了のお知らせについて思うこと" »

Windows 10 でも Office 2007/2010/2013 はサポートされる

Windows 10 に移行する際には、Microsoft Office は Office 2013 か Office 2016 になるのが普通だと思いますが、特殊な事情があり以前のバージョンの Office を使わざるを得ないことがあるかもしれません。

まず、Office のサポート期間を見てみましょう。

Windows 10 がリリースされる 2015年7月29日の時点では、Office 2007/2010/2013 はどれもサポート期間内のようですね。

Pic01

http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/lifecycle/xp_eos/faq.aspx#support7

 

続きを読む "Windows 10 でも Office 2007/2010/2013 はサポートされる" »

2015/07/06

Windows 10 は標準で PDF 印刷機能が搭載されている

Windows 10 には、標準で PDF 印刷機能の「Microsoft Print to PDF」が搭載されています。

今までは、Adobe Acrobat や Bullzip といった有償もしくは無償のソフトウェアを導入することで、PDF を作成していたと思いますが、ようやく Windows 標準の機能となりました。

パスワード設定などのセキュリティ機能などのないシンプルな PDF 印刷機能ですが、これで十分なケースも多いでしょう。

ブラウザの Edge で印刷した際の動作を見てみましょう。

続きを読む "Windows 10 は標準で PDF 印刷機能が搭載されている" »

PDF 印刷ツールの「Bullzip」は完全なフリーウェアでないのでライセンス違反にご注意を

Bullzip と言えば、フリーウェアの PDF 印刷ツールとしてよく知られており利用者も多いと思うのですが、使用条件を確認したところ、完全なフリーウェアではなく使用するには制約がありました。

無料で使用できるのは Community Edition と呼ばれるもので、サイトに以下の記述があります。

The free community edition version is still available. It plays an important role in the BullZip philosophy where everybody should be able to afford the software. You can use it if you are in a small company with less than 10 installations or you want to use the software for personal projects.

要は、個人で利用する場合か、企業で使用するならインストール数が10ライセンス以下の場合のみ Community Edition を無料で利用することができるということです。

企業で10ライセンスより多くインストールするなら、Standard Edition 以上の有料ライセンスを購入する必要があります。

結構、いいお値段になっています。詳しくは、こちらの料金表をご確認ください。

これを知らずに Bullzip を企業で全社導入していると、ライセンス違反になってしまうのでご注意ください。

2015/07/05

Windows 10 でも VB6 ランタイムがサポートされる

相変わらず根強い人気のある VB6 ですが、Windows 10 でもサポートされるのでしょうか。

Windows 10 のプレビュー版に VB6 のランタイムをインストールして動作確認をしている猛者も多いようですね。

Windows 10 で VB6 のランタイムがサポートされるか調べていたら、Microsoft の Windows ブログで以下の記述を見つけました。Microsoft が公式の情報として VB6 のサポートに言及したのは初めてではないでしょうか(2015/06/22の記事)。

Windows 10 is designed to run Windows 8.1 and Windows Phone 8.1 software programs. And yes, everyone’s favorite VB6 Runtime will continue to work, too.

Getting ready for Windows 10 – SDKs, compatibility, bridges | Building Apps for Windows

windows.com の WHOIS情報を調べてみたところ、Microsoft 所有のドメインのようなのでガセネタでもないようです。

近々、正式にアナウンスが出るかもしれませんね。

■関連記事

Windows 10 にインストールされている .NET Framework のバージョン

新しい Windows が登場すると気になるのがデフォルトでインストールされている .NET Framework のバージョンになります。

MSDN ブログによると、Windows 10 にインストールされているのは、.NET Framework 4.6 とのことです。しかも、アンインストールする方法はないとのこと。

The .NET Framework 4.6 comes installed as a part of the OS on Windows 10, and there is not a way to uninstall it.

A couple of notes about .NET Framework 4.6 setup behaviors - Aaron Stebner's WebLog - Site Home - MSDN Blogs

注意が必要なのが、この .NET Framework 4.6 は .NET Framework 4.x のインプレースアップグレードということです。

具体的にどういうことかというと、以下のバージョンの .NET Framework は .NET Fraemwork 4.6 で上書きされてしまい、個別にインストールすることもできないということです。

  • .NET Framework 4
  • .NET Framework 4.5
  • .NET Framework 4.5.1
  • .NET Framework 4.5.2

サイド・バイ・サイド はどこに行った?

 

続きを読む "Windows 10 にインストールされている .NET Framework のバージョン" »

Windows 10 でのシステム設定とコントロールパネルの表示方法

Windows 10 から、システムの設定は基本的にコントロールパネルではなく、「設定」画面から行うことになります。

コントロールパネルがなくなったり消えたりした訳ではないのですが、少し分かりにくい所にあります。

この記事では、Windows 10 でのシステムの設定方法とコントロールパネルの表示方法をご紹介します。

続きを読む "Windows 10 でのシステム設定とコントロールパネルの表示方法" »

Windows 10 でデフォルトブラウザを Chrome や Firefox に変更する方法

Windows 8 までは、デフォルトブラウザ(既定のブラウザ)を変更するのは、各ブラウザから行うことができましたが、Windows 10 ではブラウザからデフォルトブラウザの設定を行うことができなくなりました。

ではどこから設定を行うかというと、システムの設定で行います。

ちょっと今までより設定が分かりにくくなってしまいましたね。

では、その設定方法をご紹介します。

 

続きを読む "Windows 10 でデフォルトブラウザを Chrome や Firefox に変更する方法" »

2015/07/04

Windows 10 の日本語変換の予測入力にある「クラウド候補」がなかなかいい感じ

はじめに

現在、Windows 10 Insider Preview build 10162 を試しているのですが、Windows 10 の Microsoft IME は今までの IME と比べるとずいぶん賢くなっている気がします。

おかしな変換をすることも少なく、これなら常用の IME として利用しても問題ない感じです。

会社の規約で、サードパーティー製の ATOK や Google 日本語入力をインストールできなかった方のストレスも幾分か軽減されるのではないでしょうか。

さて、Windows 10 の Microsoft IME には「予測入力」機能があります。

これはこれで中々に使いやすいのですが、Windows 10 では「クラウド候補」という、クラウド上の辞書を使用して予測候補を表示してくれるという優れた機能が追加になっています。

「クラウド候補」の設定方法と具体例を見ていきましょう。

続きを読む "Windows 10 の日本語変換の予測入力にある「クラウド候補」がなかなかいい感じ" »

Microsoft が Windows 10 で Google を本気でつぶしにかかっていてヤバイ

はじめに

現在、Windows 10 Insider Preview build 10162 を試しているのですが、Microsoft が Windows 10 で Google を本気でつぶしにかかってきてかなりヤバイと感じています。

現在主流の Windows 7 のサポートが切れる 2020年1月14日以降、Windows 10 は本命の後継クライアント OS になるのは間違いありません。

その Windows 10 が Google 外しを本気で行っているので、Google の検索シェアが低下することはまぬがれないでしょう。

では、Google 外しがどのようなものなのか見て行きましょう。

続きを読む "Microsoft が Windows 10 で Google を本気でつぶしにかかっていてヤバイ" »

2015/07/03

Windows 10 のタスクバーの検索エンジンを Bing からGoogle に変更する方法

はじめに

Windows 10 では、タスクバーに検索ボックスがあり大変便利なのですが、デフォルトの検索エンジンが Bing で デフォルトのブラウザが Edge になっています。

Win02

ですが、検索エンジンを Google、ブラウザを Google Chrome で使用している方にとってはイマイチな仕様です。

Bing の精度が上がってきたとはいえ、まだ Google に追い付いていない感じがしますからね。

この記事では、Windows 10 のタスクバーの検索ボックスの検索結果を Google にし、Google Chrome で表示する方法をご紹介します。

続きを読む "Windows 10 のタスクバーの検索エンジンを Bing からGoogle に変更する方法" »

Windows 10 Insider Preview 10130 から 10159 をとばして 10162 にアップデートできた

Windows 10 Insider Preview Build 10159 が公開されたということで、Build 10130 から Build 10159 にアップデートしようとしていたのですが、何をやっても Windows Update に更新プログラムが表示されませんでした。

設定をいじったり、レジストリをいじったり、ISO ファイルから再セットアップしたりしてもダメでした。

以下の記事があったので、どうも Build 10130 の不具合ではないかと思います。

ただ筆者の環境(自作PC)では、64ビット版のISOイメージ(Build 10130)だとどう足掻いても10130より新しくならないこともありました。その場合はそのひとつ前のBuild 10074を導入し、そこからFastを指定すれば一気にBuild 10159を導入することができます。

http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/352/352416/

但し、Windows 10 Insider Preview からダウンロードできるのは、Build 10130 だけなので八方塞がりでした。

まいったね、こりゃ。

続きを読む "Windows 10 Insider Preview 10130 から 10159 をとばして 10162 にアップデートできた" »

2015/07/02

Apple Music は Windows と Mac でも利用可能

昨日のニュースを見ていると、Apple Music は iPhone と iPad でないと利用できないような感じになっていましたが、Windows と Mac でも iTunes を最新バージョンにすることで Apple Music を利用することができます。

これでパソコンでも Apple Music を楽しむことができますね。

ただ、注意が必要なのが、Apple Music は3ヶ月の無料試用期間があるのですが、デフォルトでは自動更新され3ヶ月後に課金が発生します。

iPhone と iPad では自動更新を無効にするオプションがあるのですが、Windows と Mac の iTunes には該当する設定が見当たらないので、自動更新したくない場合は、現時点では iPhone または iPad から行うようにしてください。

自動更新しない方法は、以下の記事が詳しいです。

また、前の記事で Apple Music は使えないという感想を書きましたが、聞きたいアーティストがある場合には確かに使えないのですが(特に邦楽)、ラインナップされているアーティストで新しい出会いを求めてみるという聞き方に考えを変えると少し利用価値がでてくると思います。

というか、それが Apple Music の楽しみ方かもしれませんね。

品揃えが充実するのが一番ではありますが。

まあ、なんにせよ3ヶ月間は無料で試用できるので試してみるとよいのではないでしょうか。

2015/07/01

Windows 10 Insider Preview で Windows Update が 0% から進まない問題の対処方法

Windows 10 Insider Preview build 10130 で Windows Update を行ったところ、Windows Update が「更新プログラムをダウンロードしています 0%」のまま先に進まなくなりました。

なんとか解決できたので、その方法を載せておきます。

まず行ったのがディスクのクリーンアップです。

タスクバーの検索ボックスで「ディスク クリーンアップ」と入力し、「ディスク クリーンアップ」を起動します。そして、システムのクリーンアップがあればシステムのクリーンアップを行った後で、通常のディスクのクリーンアップを行います。対象はデフォルトのままで OK です。

続きを読む "Windows 10 Insider Preview で Windows Update が 0% から進まない問題の対処方法" »

早速、Apple Music を試してみた感想

はじめに

本日、2015年7月1日 0:00 より、日本で Apple Music が提供開始になりました。

iPhone および iPad で iOS8.4 にアップデートすることで、Apple Musicを利用できるようになります。

この記事では、iPad Air を使って、iOS8.4 へのアップデートから、Apple Music の設定、試用した感想などを書いてみます。

 

追記:

Mac の iTunes にアップデートが来ており、iTunes 12.2.0.145 にすることで、Mac でも Apple Music を聴くことができるようになります。

続きを読む "早速、Apple Music を試してみた感想" »

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから