2015/06/30

Mac の Twitter 公式クライアントが思いの外使いやすかった


Mac の Twitter クライアントは「夜フクロウ」を使っていたのですが、ユーザートークンの上限に達したことで今後使うには厳しいことと、画像のインライン表示に対応していないこともあり、代替アプリを探そうと思いました。

Twitter の公式アプリは、今まで使い勝手が悪いという印象しかなかったのですが、試しに使ってみたら思いの外使いやすくて驚きました。随分と進化したようですね。

Twitter

 

画像のインライン表示にも対応しているし、なんといっても公式クライアントなので API 制限がないのがいいですね。リストや検索も使いやすかったです。Web だと使いにくいのに不思議ですね。

ただ、2段階認証を設定している方は最初とまどうかもしれません。

Mac の Twitter 公式クライアントは、2段階認証に正式に対応していないのですよね。ID とパスワードでログインすると、携帯にトークンが送信されてくるのですが、トークンの入力画面が表示されないという。

この場合は、「仮パスワード」というものを Web サイトで作成して、そのパスワードでログインする必要があります。ちょっと脆弱な仕組みですが、Gmail も2段階認証に対応していないアプリ用のパスワードがあるので、仕方ないかなと気もします。

仮パスワードは、Web サイトの以下の画面で設定します(仮パスワードの設定ボタンをクリックすると自動的に表示)。パスワードのリセットと同じ画面になっているので、間違ってパスワードのリセットをしないようにご注意ください。

仮パスワード

 

Mac の Twitter クライアントを探している方は、公式クライアントも捨てたものではないですよということで。

あとは、引用リツイートに早く対応してくれることを期待ですね。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから