2015/06/17

お名前.com と さくら VPS で日本語ドメインの Web サーバーを立ち上げてみる


はじめに

ふと日本語ドメインを立ち上げる方法が気になったので、日本語ドメインで Web サーバーを立ち上げる方法を調べてみました。

サービスは、お名前.com と さくら VPS の CentOS + Apache を使用します。

VPS サーバーの作成

VPS  サービスは、今回はさくら VPS の「2週間お試し(無料)」を使用します。

まず、以下のサイトにアクセスします。

この画面で、「お申し込み」をクリックし、VPS サーバーを登録します。

今回は一番安い(お試しなので無料ですが)、東京リージョンの 512 プランを選択します。

なお、クレジットカードの支払いにしないと「2週間のお試し」が使用できないのでご注意ください。

OS はデフォルトで CentOS 6 になるようですね。

しばらくすると、サーバー情報がメールで送信されてきます。

以下の画面にアクセスし、契約情報 >> 契約サービスの確認 >> サーバー設定 からサーバーを起動します。

https://secure.sakura.ad.jp/menu/top/

そして、メールで送られてきたログイン情報を使用し、 SSHでサーバーにログインします。

ログインできたら設定完了です。

日本語ドメインの登録

以下のアドレスにアクセスして、日本語ドメインを取得します。

ここで、今回は「あるSEのつぶやき.com」という日本語ドメインを取得しました。

ドメイン取得時に、Whois 情報代行に忘れずにチェックを入れましょう。

忘れると、自宅の住所が世界に発信されてしまいます。

Punycode の取得

 日本語ドメインはそのままでは使えないので、Punycode(ピュニコード) というものに変換をかけます。

以下のサイトで日本語ドメインを Punycode に変更できます。

http://punycode.jp/ 

「あるSEのつぶやき.com」の Punycode は「xn--se-763axbygnczc6f9b.com」になります。

ドメインの DNS サーバー設定

お名前.com にログインして、「ドメイン設定」をクリックします。

Onamae01

次に、ネームサーバーの設定の「DNS 関連機能の設定」をクリックします。

 Onamae02

 該当ドメインを選択し、「次へ進む」をクリックします。

Onamae03 

「DNS レコード設定を利用する」の「設定する」をクリックします。

Onamae04

今回は以下のように設定しました。

  • ホスト名:空欄(ドメイン名だけでアクセス)
  • Type:A (IPv4)
  • Value:IPv4 アドレス

Onamae05

「DNSレコード転送用ネームサーバー変更確認」にチェックが入っていることを確認して、「確認画面に進む」をクリックします。確認画面で特に問題がなければ、そのまま「設定する」をクリックします。

Onamae06

 

Web サーバーの設定

SSH で CentOS にログインします。デフォルトだと Apache がインストールされていないので、Apache をインストールして起動します。

# yum -y install httpd
# service httpd start 

VirtualHost 用のディレクトリとファイルを作成します。

# mkdir /var/www/html/se.com
# cd /var/www/html/se.com/
# echo "こんにちは" >> index.html

VirtualHost の設定で、日本語ドメイン名を使用できるようにします。

# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

以下の設定を行い保存します。

NameVirtualHost *:80

<VirtualHost *:80>
ServerAdmin webmaster@xn--se-763axbygnczc6f9b.com
DocumentRoot /var/www/html/se.com
ServerName xn--se-763axbygnczc6f9b.com
ErrorLog logs/xn--se-763axbygnczc6f9b.com-error_log
CustomLog logs/xn--se-763axbygnczc6f9b.com-access_log common
</VirtualHost>

Apache を再起動して設定を反映します。

# service httpd restart

あるSEのつぶやき.com にブラウザでアクセスします。

Se

問題なく表示できました。

おわりに

日本語ドメインを使用するにはどうしたらいいのだろうと漠然とした不安のようなものがありましたが、調べてみたら Punycode さえ分かれば意外と簡単に日本語ドメインは使用できるようですね。

お名前.com とさくら VPS を使用する方は参考になれば幸いです。

あと、課金されてしまいますので、忘れずに さくら VPS のサーバーの契約解除を行いましょう

参考サイト


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから