2015/04/04

PostgreSQL の ODBC ドライバーのインストール方法


postgresql File Browser

PostgreSQL の ODBC ドライバーは上記の公式サイトよりダウンロード可能です。

ご自身の環境に合わせて、最新のドライバーをダウンロードしてください。

無印は 32 ビット、x64 が 64 ビットになります。

今回は、Windows 8.1 の 64 ビット環境なので、 「psqlodbc_09_03_0300-x64-1.zip」をダウンロードしました。

 

 

ダウンロードしたファイルを解凍してできた「psqlodbc_x64.msi」をダブルクリックして、インストーラーを起動します。

インストーラーが起動したら、[Next] をクリックします。

Pos01

 

ライセンスに同意する旨のチェックを入れて、[Next] をクリックします。

Pos02

 

[Next] をクリックします。

Pos03

 

[Install] をクリックします。

Pos04

 

インストール中に、以下のエラーメッセージが表示された場合は、「Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ (x64)」を先にインストールしてから、再度インストールをしてください。

 Pos05

 

Error installing ODBC driver : PostgreSQL ANSI(x64),
ODBC error 13: システムエラーコード126:指定されたモジュールが見つかりません。
...\psqlodbc30a.dll)のために、PostgreSQL ANSI(x64)ODBCドライバーの
セットアッププログラムを読み込むことができません。
.Verify that the file PostgreSQL ANSI(x64) exists and that you can access it.

[Finish] をクリックして、インストールを終了します。

 Pos06

[コントロールパネル] >> [管理ツール] >> [ODBC データソース(64 ビット)] から ODBC の管理画面を表示し、[ドライバー]タブに PostgreSQL のドライバーが表示されていれば、正しくインストールされています。

Pos07

 

■参考サイト


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから