2015/04/29

Microsoft の新ブラウザ Spartan のユーザーエージェントがなかなかカオスな件


Windows 10 Technical Preview で新ブラウザの Spartan が搭載されましたが、そのユーザーエージェントがなかなかカオスです。

以下が Spartan のユーザーエージェントです。

Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/39.0.2171.71 Safari/537.36 Edge/12.0 

Chrome や Safari といった文字列が入っていて、ユーザーエージェントで処理を切り替えているサイトは誤判定をしそうです。

ユーザーエージェントを見ているサイトは対応が必要でしょうね。Windows 10 のデフォルトブラウザは Spartan で、Internet Explorer は後継互換という位置づけになりますので。

ちなみに Edge というのは Spartan のレンダリングエンジンで、Internet Explorer の Trident の後継になります。

7月位に Windows 10 がリリースされるという噂もありますので、早めに準備した方がよさそうです。

 

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから