2015/04/29

Microsoft の新ブラウザ Spartan のユーザーエージェントがなかなかカオスな件


Windows 10 Technical Preview で新ブラウザの Spartan が搭載されましたが、そのユーザーエージェントがなかなかカオスです。

以下が Spartan のユーザーエージェントです。

Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/39.0.2171.71 Safari/537.36 Edge/12.0 

Chrome や Safari といった文字列が入っていて、ユーザーエージェントで処理を切り替えているサイトは誤判定をしそうです。

ユーザーエージェントを見ているサイトは対応が必要でしょうね。Windows 10 のデフォルトブラウザは Spartan で、Internet Explorer は後継互換という位置づけになりますので。

ちなみに Edge というのは Spartan のレンダリングエンジンで、Internet Explorer の Trident の後継になります。

7月位に Windows 10 がリリースされるという噂もありますので、早めに準備した方がよさそうです。

 

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール