2015/04/13

IPv6 の仮想サーバーを立てるなら DigitalOcean という VPS サービスがいい感じ


先日、IPv6 の仮想サーバーを一時的に立てたいと思い、国内の VPS サービスを調べていたのですが、残念ながら IPv6 サービスを提供しているところでも体験版では IPv6 は使えませんでした。

仕方ないなぁと思いさらに調べていたら、DigitalOcean という海外の VPS サービスを見つけました。

DigitalCean のいいところは、1時間単位で課金されるので試しに使うのに非常に便利です。しかも、一番安いプランは、1時間 0.007 ドル、1ヶ月にしてもたったの 5ドルです。これなら気楽に試すことができますね。

さらに、IPv6 を使いたければ、仮想マシンを作るときにオプションで IPv6 にチェックを入れるだけの簡単さです。この IPv6 アドレスは仮想マシン作成直後から使用することができます。

Do

ですので、IPv6 の仮想マシンを使いたい場合に DigitalOcian はお勧めです。

IPv6 以外の用途でも、Linux ディストリビューションも豊富なので、一時的な利用は文句なしです。本格稼働させたとしても、国内の VPS サービスよりは安いのではないかと思います。英語ですけどね。

ちなみに、以下のリンクから DigitalOcian に登録すると、10ドル分のクレジットが登録後にプレゼントされます。 なお、私もちょっと喜びます。今だけかもしれないので、登録されるならお早めに(笑)。

https://www.digitalocean.com/?refcode=117f030844da

 

なんかタイムリーなネタだったようですね。スライドがアップされていました。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから