2015/04/06

Access で Active Directory 認証を行う方法


Access 2010 で Active Directory 認証を VBA で行う方法です。

まずは、LDAP (Active Directory) のサーバーを知りたいので、以下のコマンドをコマンドプロンプトで実行します。問題なければ、LDAP サーバーが表示されます。それでも分からない場合は、システム管理者に問い合わせてください。

> nslookup

次に、以下のライブラリを参照設定で追加します。

  • Active DS Type Library
 

■ソースコード

ソースコードは以下のようになります。認証自体は非常にシンプルですね。

Private Sub commandLogin_MouseDown(Button As Integer, Shift As Integer, X As Single, Y As Single)
On Error Resume Next
    Dim objLDAP As IADsOpenDSObject
    Dim objOpenObject As IADsContainer
    
    Dim id As String
    Dim password As String
    
    'LDAP Server を宣言
    Const LDAP_SERVER = "ldap.hoge.co.jp"
    
    
    '画面から値を取得
    id = Me.textID.Value
    password = Me.textPassword.Value
    
    Set objLDAP = GetObject("LDAP:")
    Set objOpenObject = objLDAP.OpenDSObject("LDAP://" & LDAP_SERVER, id, password, ADS_SECURE_AUTHENTICATION)
    
    If Err.Number = 0 Then
        MsgBox "認証成功"
    Else
        MsgBox "認証失敗"
    End If
End Sub

■参考サイト


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから