2015/03/11

Oracle は Java にサードパーティ製ツールをバンドルするのをやめるべきでは?


昨日、「Java のアップデート時に余計なアプリをインストールしない方法」という記事を書いたのですが、その反響が結構すごいです。

以下の画像は、Google Analytics のこの2日間(正確には1日半)の該当記事のアクセスですが、約3,500 PV あります。3,000人以上の人が、Oracle がサードパーティ製ツールをインストーラーにバンドルするのをうんざりしているということですね。

Java01

ソーシャルでの拡大も、なかなかのものです。

単発の Tips でこれだけ拡散するのも珍しいのではないかと思います。

Java02

検索エンジンで「java ask アンインストール」と検索すると、約22,000 件の情報がヒットします。しかも、Search App by Ask をインストールすると、アンインストールするのにツールが必要な模様です。

ここまで来ると、もうユーザーにとっては迷惑以外のなにものでもないので、Oracle はすぐにでも、サードパーティ製ツールをインストーラーにバンドルするのをやめるべきではないでしょうか。

申し訳程度に、一番発見されにくい場所に、バンドルを無効にする設定を用意すればよいというものではありません。

無料で Java を提供していることは理解しますが、それを承知で Sun を買収したのですから、もっとユーザーフレンドリーになって欲しいですね。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール