2015/03/30

今更ながら Office for Mac プレビュー版を試してみた


はじめに

Office for Mac プレビュー版がリリースされてだいぶ経ちましたが、今更ながらインストールして試してみました。

ダウンロード

Microsoft Office for Mac、Apple

上記サイトより、「今すぐダウンロード」をクリックしてダウンロードします。

Office01

 

ダウンロードファイルは、2.5GB もあるので気長に待ちましょう。

ダウンロード自体もちょっと遅い感じですね。

インストール

ダウンロードした、OfficePreview.pkg をクリックするとインストーラーが起動するので、[続ける] をクリックします。

Office02

[続ける] をクリックします。

Office03

 

問題がなければ、[同意する] をクリックします。

Office04

[インストール] をクリックします。

Office05

[閉じる] をクリックして、インストールを終了します。

Office06

Excel を起動してみる

Finder のアプリケーションから Excel を起動します。

おぉ。リボンメニューですね。でも、なんかデザインが古臭いような。。。

でも、Office と一緒に MS Pゴシックなどのフォントもインストールされるので、既存の Excel ファイルを開いても問題ありません。メイリオも使えるし、これはうれしいですね。

Office07

ただ、「Excel 2003 カラーパレット・改」のアドインを読み込んだら、コンパイルエラーになってしまいました。Windows の Office との互換性があまりよくないのかもしれませんね。

 

Word を起動してみる

今度は Word を起動してみましょう。

うーん。古臭さが。。。

Office08

なお、「Word 2003 カラーパレット・改」アドインも動作しませんでした。

PowerPoint を起動してみる

今度は、PowerPoint を起動してみましょう。

やっぱり古臭い。。。

Office09

PowerPoint 2003 カラーパレット」アドインも動作しませんでした。

おわりに

ざっくりと触ってみましたが、Office for Mac プレビューはリボンメニューになっただけで、機能的には Windows 版の Office 2007 にも劣っているのではないかという印象を受けました。正直、Office 2003 をリボンメニューにしただけのような感じです。

Windows のフォントが利用できるようになること、Office 文書を Mac で開けること、大量のデータが扱えることは素直にうれしいのですが、 微妙な感じは否めません。

この時代にこのレベルの Office を Mac で出す理由はなんでしょうね。マルチデバイスで Office が使えること、共通の文書を扱えることには価値はあると思いますが、もうちょっとなんとかして欲しいところです。

ちょっと辛口になってしまいましたが、それだけ期待されているということなので、製品版を出すまでにはもう少し頑張って欲しいですね。  


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから