2015/03/08

.NET Framework のサポート期間が複雑すぎて頭をかかえるレベル


Tech TIPS:各Windows OSでの.NET Frameworkのサポート終了時期を知る - @IT

上記記事で、.NET Framework のサポート期間について、Windows の種類ごとに解説されているのですが、分かりにくくて正直頭をかかえるレベルです。あ、記事は分かりやすいですよ?

仕方ないのですが、Windows と .NET Framework という異なる製品のサポートライフサイクルがからまっているので、必要以上に複雑になってしまっています。

一番注意しなければいけないのが、.NET Framework 4, 4.5, 4.5.1 といった比較的新しいバージョンのサポートが 2016 年 1 月で終了してしまうということでしょう。

.NET Framework 4.5.2 にバージョンアップする必要があるのですが、あと1年も期間がありません。

Microsoft はインプレース更新だから影響が少ないと考えているようですが、システム全体を再テストする必要があることを考えると、かなり逼迫した状況と言えるのではないでしょうか。

一方で、.NET Framework 3.5 SP1/3.5.1(同梱の2.0,3.0含む) は、2017 年 4 月〜 2023 年 1 月と長い期間サポートされます。期間の違いは Windows のサポートライフサイクルの違いです。

詳細は記事、および記事にある Microsoft のサイトへのリンクを参照してください。

しかし、.NET Framework も製品である以上、サポートライフサイクルから逃れることはできないのですが、.NET Framework が登場した当時は一度作成したアプリケーションはどの Windows でも動かすことができると Microsoft は言っていた気がしますが、記憶違いでしょうか?

あ、Silverlight なんてありましたね。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから