2015/03/07

オンラインでソースコードを HTML に変換してくれる「TextMate」がいい感じ


 

ブログの記事にソースコードを貼り付けることが多いのですが、JavaScript のライブラリを導入するのもなんだか面倒で、いつも blockquote タグにしていました。ただ、blockquote だとちょっと見づらいのが難点で、なんとかならないかと思っていたところにいいサービスを見つけました。

Online syntax highlighter like TextMate

TextMate は非常に多くの言語をサポートしていて、しかも自動で言語を判定してくれます。その上でソースコードを HTML にキレイに変換してくれるのだから、手軽に使えて大変便利なツールです。

1点、注意があるとすれば、<pre> タグでソースコードを表示するので、ブログの幅を超えるソースコードの表示が切れてしまうことです。しかし、これは <pre> タグの style 属性に、overflow:scroll; を加えるだけで解決します。

かなり便利なサービスなので、興味を持たれたら試してみてください。

 Textmate

 

実際に作成した AppleScript は以下のようになります。キレイに表示されていますね。

property interval : 1 * minutes

on idle
   tell application "Finder"
      
      -- NAS 上のディスクを再マウント
      -- disk3_pt1 をマウント名に修正する
      if not (exists disk "disk3_pt1") then
         activate
         
         -- NAS 上のディスクをマウントする、パスを設定
         -- smb は Windows ファイル共有のこと、ユーザー名とパスワードも設定可能
         mount volume "smb://guest:@192.168.11.1/disk3_pt1"
         
         -- Time Machine のイメージを再マウントする
         -- マウント後のパスを設定、最後の / を忘れない
         do shell script "hdiutil attach /Volumes/disk3_pt1/TimeMachine_NAS.sparsebundle/"
      end if
      
      -- Time Machine のみ再マウント
      -- disk3_pt1 と TimeMachine_NAS をマウント名に修正する
      if (exists disk "disk3_pt1") and (not (exists disk "TimeMachine_NAS")) then
         -- Time Machine のイメージを再マウントする
         -- マウント後のパスを設定、最後の / を忘れない
         do shell script "hdiutil attach /Volumes/disk3_pt1/TimeMachine_NAS.sparsebundle/"
      end if
      
   end tell
   
   return interval
end idle

 

ちなみに、TextMate は C# や BAT をサポートしていないので、その場合は以下のサービスを使用してみてください。但し、<html><body> といった微妙なタグが生成されるので、その辺は加工した上で使用する必要があります。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから