2015/03/24

CentOS で利用できるリポジトリ一覧(EPEL, Remi, RPMForge とか)


AdditionalResources/Repositories - CentOS Wiki

CentOS で使用できるリポジトリの一覧と特徴をまとめた情報が欲しいなとずっと思っていたのですが、別の記事へのコメントで @hnakamur2 さんから、上記 Wiki の情報を教えてもらいました。@hnakamur2 さん、ありがとうございます。

上記の Wiki は、CentOS で利用できるリポジトリ一覧と解説がある貴重なページです。英語ですけど。

で、タイトルの EPEL、Remi、RPMForge がリポジトリの有名所だと思うのですが、各リポジトリの特徴の概要はこんな感じのようです。いずれもサードパーティリポジトリなので、CentOS のサポートはないことにご注意ください。

■EPEL(Extra Packages for Enterprise Linux)

EPEL は Fedora のパッケージをリビルドしたもので、base (コアパッケージかな?)を置き換えないとのことなので安心して利用できるリポジトリと言えそうです。

また、Wiki に掲載されていましたが、EPEL リポジトリは以下のコマンドで簡単にインストールできました。これはびっくりですね。

# yum install epel-release

 

■Remi(Les RPM de Remi repository)

Remi は PHP と MySQL の最新バージョンを集めているリポジトリとのこと。Fedora からバックポートされているようですね。但し、コアパッケージを置き換える可能性があるので利用するのは注意が必要とのこと。

 

■RPMForge/RepoForge

これに驚いたのですが、以前は RPMForge は推奨されていたリポジトリだったようですが、現在はメンテナンスされていないとのことです。ネットでは、まだよく見かけるリポジトリなんですけどね。要注意ですね。

 

結構、見つけにくい情報なのでこの記事がお役に立てば幸いです。

 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから