2014/11/14

Visual Studio の全機能を無料で使える Visual Studio Community 2013 を早速インストールしてみた


MS、「.NET」をオープンソース化、「Visual Studio」のフル機能無料版を公開

Microsoft が Visual Studio のフル機能を無料で使用できる「Visual Studio Community 2013」を公開しました。これは朗報ですね。

無料で利用できるユーザーは以下のようになります。

Visual Studio Community 2013は、フル機能が利用できるVisual Studioの無料版。利用可能なユーザーとしては、大学関係者、非営利団体従事者、オープンソース開発者、開発者5人以下の中小企業が挙げられている。

Microsoft の日本語訳が微妙らしく、実際は個人開発者も利用可能なようなようです。

折角なので、早速インストールしてみました。

 

まずは、Visual Studio Community の英語サイトにアクセスし、システム要件を確認します。ディスクの空き容量が 20 GB 必要とのこと。

Supported operating systems
  • Windows 8.1 (x86 and x64)
  • Windows 8 (x86 and x64)
  • Windows 7 SP1 (x86 and x64)
  • Windows Server 2012 R2 (x64)
  • Windows Server 2012 (x64)
  • Windows Server 2008 R2 SP1 (x64)
Hardware requirements
  • 1.6 GHz or faster processor
  • 1 GB of RAM (1.5 GB if running on a virtual machine)
  • 20 GB of available hard disk space
  • 5400 RPM hard disk drive
  • DirectX 9-capable video card that runs at 1024 x 768 or higher display resolution

次に、Visual Studio Community の日本語サイトにアクセスし、画面下部の以下のボタンからダウンロードサイトに移動します。

pic01

まずは英語版をインストールします。

以下の [Install now] からインストールを開始します。

pic02 

インストーラーをダウンロードして実行すると以下の画面が表示されるので、ライセンスの同意にチェックを入れ [Next] をクリックします。

pic03

とりあえず、オプションはデフォルトのままで [Install] をクリックします。

pic04

再起動を要求されるので、[Restart Now] をクリックして、Windows を再起動します。

pic05

再起動後もインストールは続き、インストールが完了すると以下の画面が表示されるので、[LAUNCH] をクリックして Visual Studio を起動してみましょう。

pic06

Microsoft アカウントはいらないかと思っていたら、起動時にまさかの Microsoft アカウントの入力が。入力しなくても起動できますが、とりあえずサインインして起動します。

pic07

Microsoft アカウントでサインインすると、なぜか Visual Studio Online のアカウント作成が当たり前のように要求されますが、ここは [後で行う] をクリックして処理をスキップします。

pic08

ようやく、Visual Studio を起動することができました。但し、これは英語版なので、一度終了してから日本語化します。

pic09

先ほどのダウンロードのページに戻って、「Visual Studio 2013 Language Pack」 の日本語をインストールします。以下の画面で、[今すぐインストール] をクリックします。

pic10

インストーラーをダウンロードして実行すると以下の画面が表示されるので、ライセンスに同意のチェックを付けて [インストール] をクリックします。

pic11

Visual Studio 2013 Express をインストールしていたら、以下のメッセージが表示されました。とりあえず、インストールは続くので後で Express をアンインストールします。

pic12

インストールが終了したら [閉じる] をクリックします。

pic13

問題ないと思いますが、先ほどの警告が表示されたので、以下の Express をアンインストールします。もう必要ないですしね。

  • Visual Studio Express 2013 for Web
  • Visual Studio Express 2013 for Windows
  • Visual Studio Express 2013 for Windows Desktop

これでもうまくいかないので、一度、Language Pack をアンインストールし、再インストールしました。しかし、ダメ。

.NET Framework と言語パックの全てと、Visual Studio Community 2013 をアンインストールして、再度チャレンジしたけどやっぱりダメ。

これ、言語パックのバージョンがおかしいのじゃないのでしょうか。

と思ったら・・・

Visual Studio を起動して、TOOLS >> Options >> Environment >> International Settings で、Language を「日本語」に設定して、Visual Studio を再起動すると、日本語版になった Visual Studio が起動します。

pic14

これが日本語になった Visual Studio Community 2013 です。

pic15

問題がないなら、余計なメッセージを表示しないで欲しいですね。

かなり時間を使ってしまいましたよ…。

とりあえず、日本語で Visual Studio Community 2013 が使えるようになりました。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから