2014/11/09

Android の Google 日本語入力をマテリアルデザインに変更する方法


Android の Google 日本語入力がバージョンアップして、マテリアルデザインに対応しました。

早速バージョンアップして試された方も多いと思います。

しかし、Google 日本語入力をバージョンアップしただけでは、なぜかマテリアルデザインにならないので、この記事ではマテリアルデザインに変更する方法をご紹介します。

なお、今回のアップデート対象は、Android 4.0 以降の端末になります。

まず、マテリアルデザインに対応した Google 日本語入力にバージョンアップすると、以下のようなキーボードになりますが、マテリアルデザインではありません。

Pic01

いきなりマテリアルデザインに変更するとユーザーがびっくりしてしまうための配慮だと思いますが、マテリアルデザインを期待した方は困惑するのではないでしょうか。

マテリアルデザインにするためには、キーボードのテーマを変更する必要があります。

簡単なのは、アプリケーション一覧から Google 日本語入力の設定画面を呼び出す方法です。

まず、ホーム画面のアプリケーション一覧を表示するアイコンをタップします。

Pic02

 

アプリケーションのアイコン一覧から、Google 日本語入力のアイコンを見つけてタップします。

Pic03

 

Google 日本語入力の設定画面で、[キーボードテーマの選択] を見つけてタップします。

Pic04

 

この画面で、[マテリアルデザイン(ライト)]、または [マテリアルデザイン(ダーク)] をタップすると、キーボードがマテリアルデザインになります。

Pic05

 

[マテリアルデザイン(ライト)] を選択すると、以下のようなデザインに変わります。

Pic06

 

 [マテリアルデザイン(ダーク)] を選択すると、以下のようなデザインになります。

Pic07

 

キーボードのテーマを変更してしまうことが分かれば設定は簡単なのですが、そこが分からないとなかなか設定に辿りつけないですよね。

今回のアップデートでは、数字入力や顔文字など他にもいろいろと改良点があるので、いろいろ試してみるとおもしろいかもしれません。 


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから