2014/10/02

Windows 10 の6つの大きな変更点


本日(2014/10/02)、日本で Windows 10 Technical Preview が公開されましたが、Windows 8/8.1 と比較して、大きく変更になった点が 6個ほどありましたので、ご紹介します。

スタートメニューの復活

これはもう言うまでもないのですが、Windows 8/8.1 で評判の悪かったスタート画面が廃止され、Windows 7 のようなスタートメニューが復活しています。

Pic01_thumb

コントロールパネルにアクセスするには相変わらず工夫が必要ですが、通常のアプリケーションの起動については Windows 7 と同様に使用することができます。

それにプラスして、スタートメニューの右側にタイル画面が表示されていますが、ここに好きなアプリケーションのタイルを配置することができます。ちょっとしたランチャーとして使えそうです。

チャームの廃止

Windows 10 Technical Preview で一番驚いたことなのですが、「チャーム」が廃止されてしまっています。思い切った決断をしたものだと思います。

(2014/10/0303:06 追記)
Windows キー + C でチャームが表示されることが分かりました。マウスでは表示されないのですが。隠しメニューになったのか、不具合なのか、廃止の方向なのか現段階では不明です。
(追記終わり)

チャームというのは、Windows 8/8.1 で導入された画面右側から表示されるメニューのことです(下図参照)。

pic02

分かりづらいと評判の悪かったチャームなので、Windows 10 でその姿を消したのはユーザーにとってはよいことでしょう。ですが、混乱を招くかもしれません。最初から、導入しなければよかった機能ですね。

Windows ストアアプリの Windows アプリ化

Windows ストアアプリと言えば、全画面表示する没入型のインターフェースが特徴でしたが、Windows 8.1 で画面を分割して表示できるようになりました。

Windows 10 では、さらに一歩推し進めて、Windows ストアアプリを Windows アプリのように、最大化・最小化・リサイズできるようになりました。画面を見ているだけでは、Windows ストアアプリだとは分からないかもしれません。

pic03

これはよい改良だと思います。また、インターフェースが自由になることで、業務アプリケーションも Windows ストアアプリに移行しやすくなるでしょう。

一つのアプリで全ての機器をサポートするようになるという話もありますし、Windows ストアアプリによるユニバーサルアプリへの移行が進むかもしれませんね。

仮想デスクトップ機能の追加

Windows のデスクトップ領域を複数作成して、表示を切り替えることでデスクトップを広く使う「仮想デスクトップ」という機能がツールなどでありましたが、Windows 10 では仮想デスクトップを標準でサポートするようになりました。

これで、作業効率の向上が望める方も多いのではないでしょうか。

pic05

検索機能に Bing を組み込み

これは議論を呼びそうな機能ですが、サーチ機能で検索をかけると、パソコン内の情報の検索結果とともに、検索候補のサジェスチョンが表示されます。

pic06

サジェスチョンに従い検索すると、検索エンジンは以下のように Bing がデフォルトとなります。今のところ、検索エンジンを変更するオプションが見当たらないので影響が大きそうです。

Windows 10 with Bing なのでしょうか。

pic07

スタートメニューからシャットダウンできるようになった

チャームが残っていることが分かったので、変更点を5つにするために?追記です。

Windows 8/8.1 では、シャットダウンするのにチャームを表示させなければいけませんでしたが、Windows 10 は Windows 7 までと同じようにスタートメニューからシャットダウンできるようになりました。

これは大きな改善だと思います。基本機能はユーザーに見えているのが基本ですよね。

pic01

 

おわりに

Windows 10 Technical Preview から、大きいと思われる変更点を見てきましたがいかがだったでしょうか。

Windows 10 は、Windows の正常進化と言っても過言ではなく、2015年後半なんてことは言わず、早く Windows 10 をリリースして欲しいと思ってしまいます。

今後の進化が楽しみですね。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

チャームはありますよ
Windows+Cで表示されました
(VMだと、画面端にカーソル持って行ってもうまく出ませんでした)

>>通りすがり さん

情報ありがとうございます!
記事にも反映させました。

情報ありがとうございます。
windows8のような終了かと思っていたら、目の前に終了ボタンがありました。

別件
windows10で旧アプリ VB6.0 が動作しました。

軽くていいOSのような気がします。

>>こんちわさん

情報がお役に立ったようでなによりです。
あと、VB6.0のアプリが動作するというのは驚きですね。
今後の動向に注視したいと思います。

コンパネへはデスクトップ右クリックから個人設定出して左上のコンパネホームかなぁ…
win8の時に一番楽な方法で見たけれど癖になっちゃった…(笑)
vistaでも出来るけど7以降ならすんなりできます。
8.1以降ならスタートボタンを右クリックでコンパネも終了も。
win10…7に8の良いところを乗せた感で期待できそうです。
タイルだけ全て引き剥がせたらもっといいと思うけど…(笑)

コンパネはwin+x→pでのアクセスが手っ取り早くて好きです。

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから