2014/08/03

CentOS 6.5 から CentOS 7 にアップグレードする


前の記事では、CentOS 7 を VirtualBox にインストールし、Web サーバーを動作させましたが、今度は、CentOS 6.5 を CentOS 7 にアップグレードします。

なお、アップグレード実行の前には必ずバックアップを取っておいてください。アップグレードに失敗する可能性もありますし、意外なところでデータがなくなったりしますので。

まず、CentOS のバージョンを確認します。CentOS 7 へのアップグレードパスはCentOS 6.5 のみに提供されます。

# cat /etc/redhat-release
CentOS release 6.5 (Final)

問題ないですね。

以下のコマンドで CentOS 6.5 を最新の状態に更新します。

# yum -y update

終了したら再起動します。

# reboot

以下のコマンドを実行して、アップグレードパッケージに必要なパッケージをインストールします。

# yum -y install openscap pcre-devel libxml2-devel libxslt-devel m2crypto python-simplejson mod_wsgi

インストールが終わったら今度は、こちらから以下のパッケージをダウンロードしてインストールします。

  • preupgrade-assistant
  • preupgrade-assistant-contents
  • preupgrade-assistant-ui
  • redhat-upgrade-tool

インストールする時期によってパッケージの種類やバージョンが異なるようですので、状況に合わせてインストールしてください。

下記コマンドで上記パッケージをインストールします。

# rpm -ihv http://dev.centos.org/centos/6/upg/x86_64/Packages/preupgrade-assistant-1.0.2-33.0.3.el6.centos.x86_64.rpm
# rpm -ihv http://dev.centos.org/centos/6/upg/x86_64/Packages/preupgrade-assistant-contents-0.5.13-1.0.5.el6.centos.noarch.rpm
# rpm -ihv http://dev.centos.org/centos/6/upg/x86_64/Packages/preupgrade-assistant-ui-1.0.2-33.0.3.el6.centos.x86_64.rpm
# rpm -ihv http://dev.centos.org/centos/6/upg/x86_64/Packages/redhat-upgrade-tool-0.7.22-3.el6.centos.noarch.rpm

次に CentOS7 のリポジトリのキーをインポートします。

# rpm --import http://ftp.plusline.de/centos/7.0.1406/os/x86_64/RPM-GPG-KEY-CentOS-7

これを行わないと、この後の作業で以下のエラーがでることがあります。

Downloading failed:The GPG keys listed for the "CentOS-7.0 - Base" repository are already installed but they are not correct for this package.

以下のコマンドを実行します。

# preupg -s CentOS6_7

実行してよいか確認されるので、 y を押して処理を継続します。

# preupg -s CentOS6_7
Preupg tool doesn't do the actual upgrade.
Please ensure you have backed up your system and/or data in the event of a failed upgrade
that would require a full re-install of the system from installation media.
Do you want to continue? y/n

特にエラーが表示されなければ、以下のコマンドを実行します。--force パラメーターをつけないと私の環境では実行できませんでした。

# redhat-upgrade-tool-cli --network 7.0 --instrepo http://mirror.centos.org/centos/7/os/x86_64/ --force

何もエラーが表示されなければ再起動をします。

# reboot

再起動後に CentOS 7 へのアップグレードが開始されます。

アップグレードが終了したら、ログインしてバージョンを確認します。

# cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 7.0.1406 (Core)

問題なくアップグレードできたようですね。

但し、これは CentOS 7 にアップグレードできただけで、WordPress などは動作しなくなります。対応方法は別の記事にしたいと思います。

(2014/08/04追記)
WordPress を CentOS 7 に移行する方法を以下の記事にまとめました。

 

■参考サイト


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから