2014/04/09

Windows 8.1 Update を適用してみた&ちょっと考察


本日(4/9)、Windows Update にて、Windows 8.1 Update が一般公開されました。

Microsoft のラピッドリリースの方針の元、昨年 10 月に Windows 8.1 のリリースから半年経たずのアップデートとなります。

早速インストールして触ってみましたが、マウスとキーボードの操作性を向上させるといううたい文句に違わず、マウスでの操作がずいぶんとやりやすくなりました。

この記事では、実際に触ってみて、ほう、と思ったことのご紹介と、今後の企業システムの考察をちょっとしたいと思います。

まず、ほほうと思ったのが、Windows ストアアプリに、最小化ボタンと閉じるボタンが表示されるようになったことです。これで、マウスで Windows ストアアプリを操作しやすくなりました。

pic01

また、Windows ストアアプリを最小化できるので、当然のごとく、Windows ストアアプリがタスクバーに表示されるようになります。タスクバーにピン留めすることも可能です。

pic02

また、Alt + Tab キー のアプリケーションの中に、Windows ストアアプリも表示されるようになったことも、ほほうですね。これは意外と便利かも。

pic03

スタート画面で、タイルを右クリックすると、以下のように右クリックメニューが表示されるようになりました。タップで長押しするとタッチメニュー用のメニューが表示されます。

pic04

スタート画面の右上に電源ボタンと検索ボタンが表示されたのはよいと思います。今までは、機能が隠されていて使いにくかったですからね。主要機能は目に見えていることが大事です。

pic06

あと、Windows ストアアプリの Internet Explorer を表示すると、タブブラウザに変わっているようですね。これはニュース記事にはなかったので、ほほうと思いました。

pic05

次のアップデートでは、スタートメニューが復活するといううわさもあるので、より使いやすくなることに期待したいですね。

ただ、気になるのは、今後、Windows 8.1 のアップデートは、Windows 8.1 Update の適用が必須になり、選択の余地がないということです。セキュリティパッチを適用したければ、ラピッドリリースについていかなければならないということでもあります。

Windows 8.1/8.1 RTではこの「Update」を適用しなければ、5月以降のセキュリティ更新プログラムや修正プログラムが適用されなくなるという。Windows Server 2012 R2でも同様の措置が取られるとしている。

XPのサポート終了、Windows 8.1のパッチ適用は「Update」が必須に - ITmedia エンタープライズ

セキュリティの観点やラピッドリリースの方針からは仕方ないとは言えますが、これは、企業システムの保守・運用には厳しい方針だと思います。企業システムの開発のあり方を根本から変えなければいけないでしょう。

それは、セキュリティパッチの適用から企業システムは逃れられないからです。セキュリティパッチを適用しておかないと、万が一セキュリティ事故が起きたときに説明責任を果たせません。脆弱性によるセキュリティ事故として、JINS のセキュリティ事故がありましたが、原因はフレームワークの脆弱性の放置でした。

セキュリティパッチを適用したければ、ラピッドリリースに従って Windows をアップデートしなければなりません。そのためには、Windows アップデート時の検証テストにかかるコストを最小化しなければなりません。

今までは、一度作れば再構築までそのままで済んでいたので1回のテストで済んでいたものが、ラピッドリリースにより Windows が何回もアップデートされるため、テストも何回も行わなければいけなくなります。

検証コストを抑えるためには、テストの自動化への取り組みは必須でしょう。テストの自動化は最低限で、ビルド・テスト・デプロイまでの自動化が求められるかもしれません。

Windows 8.1 Update のリリースは、今後の企業システムのあり方の象徴的な存在になるかもしれませんね。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから