2014/03/15

Windows 8.1 に Office 2007 をインストールしてみた


Office 2007 と言えば、当時、先進的なリボンインターフェースを採用したことで、Windows Vista と同じようにインターフェースが変わりすぎたことで、あまり普及しなかった不遇のアプリケーションという認識でいます。

個人的には、その当時からリボンインターフェースの先進性と業務効率化に期待していたのですが、一般にはそういう認識はあまりなかったようです。

ただ、Windows Vista と違うのは、インターフェースが大幅に変わる代わりに、列数と行数の制限が大幅に拡張されたこともあり、一部では導入されたであろうとも思っています。

さて、その Office 2007 を VirtualBox 上の Windows 8.1 にインストールしてみました。

今更、Office 2007 もないだろうとは思うのですが、当ブログで公開している Office アドインの動作確認用に環境を構築してみました。Windows Vista + Office 2007 のノート PC が壊れてしまったからですが。

さて、Windows 8.1 に Office 2007 をインストールするとなると気になるのが互換性ですが、Microsoft の互換性センターでは、Office 2007 は Windows 8.1 でも問題なく動作するとのこと。

pic01
Windows 互換性センター: microsoft office 2007 personal

 

実際、インストールして使用してみましたが、特に問題なく使用できています。

Office 2003 の移行先が Office 2007 というのはレアケースでしょうが、最新の Windows 8.1 でも動作していますよ、ということで。一応、スクリーンショットも貼っておきますね。

pic02

 

関係ないですが、Windows 8 の無印安いですね。この位の値段だと仮想マシン用の OS として気楽に導入できるので、うれしい限りです。

Microsoft Windows 8.1 Microsoft Windows 8.1
Windows

マイクロソフト
売り上げランキング : 3

Amazonで詳しく見る by AZlink


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから