2014/03/03

Windows 8.1 でコントロールパネルを開く方法


Windows 8 以降、スタートメニューがなくなってしまったために、コントロールパネルを開くのが面倒になりました。

コントロールパネルを開くにはいくつか方法がありますが、どれも知らないとちょっと難しいのではないかと思うので、その方法をご紹介いたします。

スタートボタンから開く方法

分かれば一番簡単なのが、スタートボタンからの起動です。

スタートボタンを右クリックして表示されるメニューの中に、[コントロールパネル] が表示されるので、そこからコントロールパネルを開くことができます。

 pic01

チャームから開く方法

Windows の画面の右上隅、または右下隅にマウスのカーソルを持って行って表示されるメニューを「チャーム」と呼びます。タッチパネルの場合は、画面右外から内側にスワイプすると表示されます。

そのチャームからもコントロールパネルを起動できます。

まず、チャームを表示して、[設定] をクリックします。

pic02

すると、[コントロールパネル] が表示するので、クリックするとコントロールパネルを開くことができます。

pic03

エクスプローラーから開く方法

分かりにくいですが、エクスプローラーからもコントロールパネルを起動できます。

まず、エクスプローラーの左側にある [PC] をクリックします。

pic04

[PC] をクリックするとリボンメニューに [コンピューター] タブが表示されるので、それをクリックすると、[コントロールパネルを開く] をクリックすると、コントロールパネルを開くことができます。

pic05

スタート画面から開く方法

スタート画面からも、コントロールパネルを開くことができます。

ちょっと分かりづらい方法ではありますが、コントロールパネルに限らず、すべてのアプリケーションの起動に使用できる方法なので、覚えておくとよいかもしれません。

スタート画面を表示しして、その状態で「コントロールパネル」と入力すると、コントロールパネルをパソコン内から検索して、検索結果でエンターキーを押すとコントロールパネルを開くことができます。

pic06

 

おわりに

分かりにくいのは、いけないと思います!


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

全然わからなくて、win + R から「control」で開いてました。

それはそれで、上級者の技ですねw

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから