2014/03/21

Windows 8.1 の標準メールでドコモメールを送受信する方法


ドコモメールは IMAP に対応しているので、IMAP 対応クライアントからドコモメールを利用することができます。

Windows 8.1 の標準メールは IMAP に対応しているので、ドコモメールが使えるように設定してみます。

事前準備

マルチデバイスでのご利用方法 | サービス・機能 | NTTドコモ

上記サイトを参考にして、Step1, Step2 の設定を行って、複数の端末でドコモメールを使用できるようにします。

この設定で、ドコモ ID とパスワードを使用できるようになるので、控えておいてください。

Windows 8.1 標準メールでの設定

Windows 8.1 の標準メールを表示して、チャームから [設定] をクリックします。

pic01

[アカウント] をクリックします。

pic02

[アカウントの追加] をクリックします。

pic03

[その他のアカウント] をクリックします。

pic04

[IMAP] を選択して、[接続] をクリックします。

pic05

[詳細を表示] をクリックします。

pic06

ドコモメールアプリ以外のメールソフトでのご利用方法 | サービス・機能 | NTTドコモ

上記サイトの情報と、ドコモ ID、パスワードを使用して、以下のように設定します。

設定項目 設定内容 ポート
メールアドレス ドコモのメールアドレス  
ユーザー名 ドコモ ID  
パスワード ドコモ ID のパスワード  
受信サーバー imap.spmode.ne.jp 993
送信サーバー smtp.spmode.ne.jp 465

チェックはデフォルトのまま、すべてチェックを入れた状態にしておきます。

設定後、[接続] をクリックします。

pic07

通常であれば、これでメールの送受信ができるはずなのですが、このままではメールが表示されません。ドコモメールはもう一段階設定が必要です。

先ほどと同じ要領で、[チャーム] – [設定] から、先ほど追加したドコモアカウントをクリックします。

pic08

[ダウンロードするメールの期間] を [すべて] に変更して、設定を保存します。

pic09

すると、以下のようにメールが表示されるようになり、メールの送受信ができるようになります。

pic10


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから