2014/02/22

自作のリボンメニュー以外のリボンメニューを全て非表示にする方法


業務アプリケーションなどでは、Excel 標準のリボンメニューが邪魔になるケースがあるかもしれません。

その場合は、簡単に Excel 標準のリボンメニューを全て非表示にして、自分が作成したリボンメニューのみ表示することが可能です。

方法は、リボンメニューを定義する XML ファイルの、ribbon 要素の startFromScratch 属性を true にするだけです。

リボンメニューの定義の作成方法は、以下の記事を参考にしてください。

具体的な XML ファイルの内容は以下のようになります。

<customUI xmlns="http://schemas.microsoft.com/office/2009/07/customui">
 <ribbon startFromScratch="true">
  <tabs>
   <tab id="customTab" label="サンプル">
    <group id="grp1" label="グループ">
      <checkBox id="chk1" getPressed="checkBox_getPressed" onAction="checkBox_change" label="チェックボックス1"/>
      <checkBox id="chk2" getPressed="checkBox_getPressed" onAction="checkBox_change" label="チェックボックス2"/>
      <checkBox id="chk3" getPressed="checkBox_getPressed" onAction="checkBox_change" label="チェックボックス3"/>
      <button id="btn1" imageMso="AnimationStartDropdown"  size="large" label="実行" onAction="Submit" />
    </group>
   </tab>
  </tabs>
</ribbon>
</customUI>

これにより、Excel 2010 のファイルが以下のように表示されるようになりました。

pic01


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    現在、Enty で支援を受け付けています。もしよければご支援ください。



    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから