2014/01/12

Linux セキュリティ標準教科書を読んでみた


Linuxセキュリティ標準教科書

Linux セキュリティの教科書と言われている LPIC 発行の『Linux セキュリティ標準教科書』を読んでみました。

上記リンクからアクセスすると無償の PDF 版が入手できるのです。ですが、個人情報を入力する必要がありセールスレターが送られてくるのが嫌なので、私は 200 円の Kindle 版を購入し読んでみました。

前半は、なんというか物足りない内容でしたが、後半に入ると、具体的な対策とツールの解説が増えてきてなかなかよかったです。

Linux セキュリティの基本の見直しとして、一度読んでみるのはいい本だと思います。

 

Linuxセキュリティ標準教科書 Linuxセキュリティ標準教科書
伊本貴士,面和毅,藤森健,小石川雅紀,安田恭行,嶋中賢佑,松田神一,木村真之介,山根ゆりえ

LPI-Japan
売り上げランキング : 12369

Amazonで詳しく見る by AZlink

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。

    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから