2014/01/07

IE10 から IE11 へのアップデートを簡単に無効にする方法


※注意
2016年1月12日から、各Windows の最新バージョンの Internet Explorer しかサポートされなくなります。この方法は通用しなくなり、強制アップデートされるということですね。詳しくは以下の記事をご参照ください。

---

こちらの記事 にあるように、Internet Explorer 11 の自動更新(アップデート)が、2014 年 1 月の第 2 週から始まる予定です。

Internet Explorer 11 は、後方互換という過去の Internet Explorer との互換性を保証しないので、アップデートされてしまうと使えなくなる Web サービスが出てくることが予想されます。 

いろんな問題が起こる前に、Internet Explorer 10 から Internet Explorer 11 へのアップデートを無効にする方法を紹介いたします。

まず、Internet Explorer 10 の右上にある「歯車のマーク」クリックして、メニューを表示します。 

pic01

そして、メニューから「バージョン情報」をクリックします。 

pic02

バージョン情報の「新しいバージョンを自動的にインストールする」のチェックを外します。この時、本当に変更を行うか確認する画面が表示されますので「はい」を押してからバージョン画面を閉じます。 

pic03

これだけで、Internet Explorer 11 へのアップデートを無効にすることができます。 

念の為に確認してみましょう。

コントロールパネル >> Windows Update から、オプションの更新プログラムを表示すると、Internet Explorer 11 が表示されるので、Windows Update の自動更新の対象外になったことがわかります(自動適用されるのは重要な更新プログラム)。 

pic04

なお、この方法でアップデートを無効にできるのは、Internet Explorer 10 だけです。

Internet Explorer 9 以前のバージョンでは、別の方法でアップデートを無効にする必要があります。詳しくは以下の記事を参照してください。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから