2013/12/14

WordPress のバージョンアップが早すぎる件


半年ほど前から、WordPress のサイトを運営している訳ですが、WordPress のバージョンアップって早すぎませんか?

ここ最近だけでも、ver 3.7 がでたと思ったらすぐに ver 3.7.1. が出て、現在は、ver 3.8 が出ています。しかも、 ver 3.7 からはセキュリティアップデートは自動適用に変わったので、気がついたらサイトのデザインが崩れてしまっている可能性も否定できません。

WordPress は無料で利用できて、プラグインも豊富でカスタマイズもかなり自由にできるのは大きなメリットですが、こんなにバージョンアップが早いと大規模サイトを運営している人は大変だと思います。

セキュリティアップデートは仕方ない部分はありますが、こんなに頻繁にバージョンがあがってしまうと、運用コストが無視できないほど大きくなります。

もしかして、WordPress 構築のビジネスモデルは、「安く作って、運用で稼ぐ」だったりするのでしょうか。

とは言え、現状、WordPress ほど自由度の高い CMS は他に見当たらないので、なんだかんだ言いつつも、みんな WordPress を使うのでしょうね。


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加




Twitter ではブログにはない、いろんな情報を発信しています。


コメント

コメントを書く



プロフィール

  • 名前:fnya
    経歴:
    SE としての経験は15年以上。様々な言語と環境で業務系システム開発を行い、セキュリティ対策などもしていました。現在は趣味SE。

    Twitter では、ブログでは取り上げない情報も公開しています。


    ブログについて

    このブログは、IT、スマートフォン、タブレット、システム開発などに関するさまざまな話題を取り上げたり、雑感などをつづっています。


    >>ブログ詳細
    >>自作ツール
    >>運営サイト
    >>Windows 10 まとめ

    Twitter のフォローはこちらから Facebook ページはこちら Google+ページはこちら RSSフィードのご登録はこちらから